遊戯王OCGカード考察:《風の天翼ミラドーラ》壁としても機能する手札誘発カード!

今回紹介するのはBLAZING VORTEXよりこのカードです。

 

カード説明

風の天翼ミラドーラ
効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2000/守2600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
その発動と効果は無効化されない。
①:相手がEXデッキから攻撃力2000以上のモンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの
表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このモンスターが表側表示で存在する間、対象のモンスターは効果を発動できない。

wiki

 

風属性ドラゴン族のレベル7モンスターです。

東洋龍に翼が生えたような外見の白と黒を基調とするドラゴンです。

黒い部分の所々が緑色に光っているのが何ともスタイリッシュです。

 

カード名の由来はギリシア神話における運命の女神である「ミラ」+

ギリシア語で神の贈り物を意味する「ドーラ(ドロシア)」からでしょうか。

繋げると運命の女神からの贈り物ですね。

 

スポンサーリンク

EXデッキの特殊召喚に合わせて出てきてその効果を封じる

①:相手がEXデッキから攻撃力2000以上のモンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は相手がEXデッキから攻撃力2000以上のモンスターを特殊召喚した場合に

自身を手札から特殊召喚するというものです。

アドバンス召喚や儀式召喚主体などEXデッキに依存しない相手では機能しなくなるものの

EXデッキを扱うデッキが相手であれば

相手がエース級のカードを出しさえすれば条件を満たせるでしょう。

ただし【ヌメロン】など低攻撃力が主流のデッキも存在するので注意です。

 

②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの
表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このモンスターが表側表示で存在する間、対象のモンスターは効果を発動できない。

②の効果はこのカードが手札から特殊召喚した場合に

EXデッキから特殊召喚されたモンスター1体を選択、

このカードが場に出ている間対象のモンスター効果の発動を封じるというものです。

基本的には①の効果で特殊召喚してそのまま相手モンスターの効果を封じる事になるでしょう。

上手く相手の特殊召喚に合わせて効果を封じる事が出来れば展開や除去の妨害として機能しますが

タイミングの関係で特殊召喚時に発動する効果は防げない点、

またフリーチェーンで発動する効果はこの効果にチェーンして発動されてしまう点など穴もあります。

 

あと①の効果の関係上攻撃力2000未満のモンスター効果を防ぎにくいのも留意しておくべきでしょう。

 

スポンサーリンク

妨害手段としては

上記のように穴も多いものの、EXデッキのモンスターが展開手段などを持っている場合

それに合わせて特殊召喚してそれを封じられるのは中々にいやらしいです。

あくまで効果発動を防げるのはこのカードが場に残っている間だけですが

発動できるタイミングを遅らせられるだけでも意味はありますし

守備力は2600あるのである程度の攻撃には耐えられます。

先攻1ターン目に特殊召喚出来れば戦闘破壊される心配もありません。

 

またこの手の手札誘発の妨害札としては「フィールドに残る」というのもポイントです。

自分ターンまで活かす事ができればランク7のエクシーズ素材としての活用も狙えます。

エフェクト・ヴェーラーに比べると手札誘発としての汎用性には劣りますが

ランク7のモンスターを積極的に使うデッキに採用してみるのも面白いでしょう。

「壁にもなる妨害札」として割り切るのも1つの手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました