遊戯王OCGカード考察:《セイクリッド・カドケウス》展開力強化とアドバンテージの確保を同時にしてくれる期待の新星!

今回紹介するのはBLAZING VORTEXよりこのカードです。

 

カード説明

セイクリッド・カドケウス
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1550
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「セイクリッド・カドケウス」以外の
「セイクリッド」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「セイクリッド」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
③:このカードを素材として持っている「セイクリッド」Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが光・闇属性モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
そのモンスターを除外する。

wiki

 

【セイクリッド】の新規となる光属性魔法使い族のレベル4モンスターです。

黒と金を基調とするボディを持つ人型の戦士です。

カドケウスとはギリシア神話に登場する2匹のヘビが巻き付いた翼ある杖であり

このカードが左手に持っている杖の形状と一致します。

 

ちなみに全体的な構図、特に左手に持った杖がヴェルズ・ケルキオンによく似ています。

そもそもケルキオンとカドケウスは同じ意味であり

セイクリッド・カドケウスはヴェルズ・ケルキオンのセイクリッド版とも言える存在なのでしょう。

そもそもヴェルズ・ケルキオンはセイクリッド・ハワーがヴェルズの龍と合体した姿であり

そういう意味では元鞘に収まったとも言えます。

 

スポンサーリンク

セイクリッドエクシーズが光属性と闇属性に対して強くなる

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「セイクリッド・カドケウス」以外の
「セイクリッド」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、同名カード以外のセイクリッドモンスターがいる場合に

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

【セイクリッド】であれば容易に満たせる召喚条件であり

他のレベル4のセイクリッドと合わせてランク4のエクシーズ召喚に繋げられます。

セイクリッド・カウストと一緒に並べればランク5のエクシーズ召喚にも繋げられるでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「セイクリッド」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、デッキからセイクリッド魔法罠を手札に加えるサーチ効果です。

ティンクル・セイクリッドをサーチして発動すればランク4以外のエクシーズ召喚も狙えますし

セイクリッドの星痕で実質的なドロー効果に繋げるなど

状況に応じて各種魔法罠をサーチできます。

 

③:このカードを素材として持っている「セイクリッド」Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが光・闇属性モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
そのモンスターを除外する。

③の硬化はこのカードをオーバーレイユニットに持ったセイクリッドエクシーズに

光、闇属性と戦闘を行うダメージ計算前に

その光、闇属性のモンスターを除外する効果を付与させるというものです。

属性が限定されますがメジャーな2属性であり対峙するケースは多く

戦闘を介するものの対象を取らない除外として厄介なモンスターを処理できます。

自分から攻撃するだけでなく相手から攻撃される場合にも効果的で

光、闇属性モンスターは迂闊にこのカードを攻撃できなくなります。

 

展開を補助しつつアドバンテージも確保しやすい

レベル4のセイクリッドはこのカードに限らず展開を補助する効果を持ったものが多いですが

このカードの場合、それに加えて魔法罠のサーチも行えるというのがポイントです。

前述した通りセイクリッドの星痕をサーチしてセイクリッドエクシーズに繋げる事で

ドローも行えるのでアドバンテージも確保しやすくなっています。

 

セイクリッド・カウストと並べてランク5のエクシーズ召喚に繋げるのもいいですが

ランク4のセイクリッド・オメガとも相性がよく

相手の魔法罠の発動を封じた上で③の効果を押し付けて行く事が可能です。

その他、レベル3のセイクリッド・シェラタンでサーチすればそのまま特殊召喚可能であり

その後ティンクル・セイクリッドをサーチする事でレベル調整もできるとこちらも良い相性です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました