遊戯王OCGカード考察:《碑像の天使(エンジェル・スタチュー)-アズルーン》強力な妨害を持つハイスペックな罠モンスター!

今回紹介するのはBLAZING VORTEXよりこのカードです。

 

カード説明

碑像の天使-アズルーン
永続罠
①:このカードは発動後、効果モンスター(天使族・光・星4・攻/守1800)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
②:1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンに存在し、
相手がモンスターを特殊召喚する際に、
魔法&罠ゾーンから特殊召喚された
自分のモンスターゾーンの永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
③:モンスターゾーンのこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを破壊したモンスターを破壊する。

wiki

 

罠モンスターとなる永続罠です。

弓を携えた青い天使の彫像です。

この弓、刃物のように鋭くなっており近接攻撃にも使えそうな感じです。

 

カード名の由来はスペイン語で青を意味する「アズール」+

占いなどで使われる文字「ルーン」からだと思われます。

北欧神話のワルキューレ「シグルーン」あたりもかかってるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

罠モンスターをリリースして特殊召喚を無効

①:このカードは発動後、効果モンスター(天使族・光・星4・攻/守1800)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。

①の効果は効果モンスターとしてモンスターゾーンに特殊召喚される

罠モンスターとしての効果です。

ステータスは攻撃力守備力1800と下級モンスターとしてはそこそこの数値であり

下級モンスター相手程度であれば十分に戦闘もこなせます

罠カードとしても扱う為、魔法罠除去の対象にもなってしまう点には注意しましょう。

 

②:1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンに存在し、
相手がモンスターを特殊召喚する際に、
魔法&罠ゾーンから特殊召喚された
自分のモンスターゾーンの永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンに存在する状態で

相手がモンスターを召喚した場合に

自分の魔法罠ゾーンから特殊召喚されたモンスターゾーンの永続罠を墓地へ送る事で

それを無効にして破壊するというものです。

相手の展開を大きく抑制できる効果であり自身をリリースして無効にする事も出来るので

単体でも機能します。

儀式召喚や融合召喚などチェーンに乗る特殊召喚は無効にできない点には注意です。

 

③:モンスターゾーンのこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを破壊したモンスターを破壊する。

③の硬化はモンスターゾーンで戦闘破壊された時に

このカードを破壊したモンスターを破壊するという道連れ効果です。

②の効果では対処できないモンスターもこちらの効果で無理やり破壊する事が可能です。

自爆特攻も積極的に狙っていっていいでしょう。

 

②の効果でリリースできる罠モンスターと出来ない罠モンスター

②の効果が強力で特殊召喚を駆使するほとんどのデッキ相手に妨害として機能する強力な罠モンスターです。

カウンター罠である昇天の黒角笛と比較しても召喚を封じる前に

あらかじめモンスターとして出しておく必要があるものの

ペンデュラム召喚などの複数体の特殊召喚にも対応できる、

既に特殊召喚を許してしまった後でも③の効果で自爆特攻が狙えるとより隙がありません。

攻撃力守備力が1800あるのも地味にポイントが高い所で

相手としてはこのカードに特殊召喚を封じられる前に戦闘破壊でも狙いたい所ですが

下手な下級モンスターではこのステータスを突破する事ができません。

そして仮に突破されたとしてもそいつを道連れにできるという隙の無さです。

 

単体でも優秀なカードですが②の効果は他の罠モンスターをリリースできる為、

罠モンスターを活用するデッキであればより優秀な働きをしてくれるでしょう。

特に苦紋様の土像と組み合わせた場合非常にいやらしい妨害として機能してくれるでしょう。

その場合の②の効果に対応するのはあくまで永続罠の罠モンスターであり

通常罠の罠モンスターはリリースできない点に注意です。

例えばエルドリッチ関連の罠モンスターはOKでも

バージェストマ関連の罠モンスターは駄目といった感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました