遊戯王OCGカード考察:《バラガール》植物族用の毎ターン使える手札コスト!自己展開できるチューナーとしても!

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2020よりこのカードです。

 

カード説明

バラガール/Rose Girl
チューナー・効果モンスター
星3/地属性/植物族/攻 800/守 600
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の植物族モンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在し、フィールドに植物族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

wiki

 

地属性植物族のレベル3チューナーです。

いかにも薔薇の妖精って感じの薔薇を象った少女です。

日本名がバラガール、海外名がRose Girlと何ともシンプルなネーミングです。

日本風のイラストとはまた違った独特の雰囲気を持っています。

 

スポンサーリンク

植物族が墓地に送られる事で手札から特殊召喚

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の植物族モンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の表側表示の植物族が墓地へ送られた場合に

自信を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

植物族を素材にシンクロ召喚やリンク召喚をする事で容易に条件を満たす事が可能な他、

ローンファイア・ブロッサムの効果でリリースする事でも特殊召喚が可能です。

自身がチューナーなのもあってシンクロ素材に繋げやすくなっています。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードが墓地に存在し、フィールドに植物族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、場に植物族が存在する場合に

自信を手札に加える自己回収効果です。

こちらも植物族メインのデッキであれば容易に条件を満たす事が可能であり

毎ターン再利用できる手札コストとして活用が可能です。

またこちらは相手の場にのみ植物族モンスターがいる場合でも発動可能です。

ブラック・ガーデンを使っているとそういった状況も発生しやすいので

意識しておくといいでしょう。

 

素材として利用するか手札コストとして割り切るか

どちらの効果も有用ですが①と②の効果は1ターンにどちらか片方しか使えない点に注意です。

主な運用方法としてはまず1つが

2ターンに1度再利用できて自己展開も用意なレベル3チューナーとして使う手です。

2ターンに1度とはいえ再利用できるのは有用であり植物族デッキであれば特殊召喚も簡単なので

各種素材として積極的に運用していけるでしょう。

 

もう1つが毎ターン再利用できる手札コストと割り切って運用する事です。

1ターンに1度の制約があるものの植物族デッキであれば

エラッタ前のキラー・スネークのように使う事が可能です。

六花精スノードロップで一緒に特殊召喚して

六花聖ティアドロップのエクシーズ召喚に繋げるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました