遊戯王OCGカード考察:《風魔の波動》特にコストとか要らない新たなフリーチェーン妨害カード!

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

風魔の波動/Fuhma Wave
通常罠
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なり、
同じ属性を持つフィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

wiki

 

汎用の通常罠です。

月風魔龍骨鬼に赤い斬撃で攻撃をしかけています。

この赤い斬撃はゲーム「月風魔伝」における武器、波動剣の最終形態であり

同ゲームのラスボス戦を再現したイラストとなっています。

 

スポンサーリンク

同じ属性のモンスターがいればそれを破壊

①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なり、
同じ属性を持つフィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

その効果は表側表示モンスター1体を選択、

そのカードとは別名の同じ属性のモンスター1体を選んで破壊するというものです。

発動にはある程度条件があるものの、手札コストの必要ないフリーチェーンの除去であり

なおかつ対象に取らない破壊なので対象耐性持ちにも通用しますし

相手がリリース・エスケープをしてきた場合にも別のモンスターを破壊する事も可能です。

ただし最初に選択するモンスターは対象に取る必要がある点には注意です。

 

発動条件に関してですが相手が属性を統一しているデッキであれば発動は難しくないでしょう。

リンク召喚やエクシーズ召喚の為にモンスターが2体以上並んだところを狙って撃ってやれば

それで展開の妨害として機能します。

ただ属性を統一していないデッキ相手を想定するのであれば

自分自身で何かしら属性を変化させる手段を用いるのがいいでしょう。

例えば闇黒世界-シャドウ・ディストピア-でフィールドのモンスターを闇属性に統一したり

真竜皇V.F.D.で任意の属性に変更するといった手段があります。

自分のモンスターを相手の属性に合わせてもいいので

鏡像のスワンプマンや量子猫あたりを使う手もあります。

 

その他にも御前試合で無理やり出せる属性を縛る、といった手段もあります。

御前試合とこのカードはコンボが成立するというだけでなく

属性が分かれたデッキ相手なら御前試合が効果的に機能し

属性が統一されたデッキ相手ならこのカードが効果的に機能するといった感じで

それぞれの相性補間にも優れています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました