遊戯王OCGカード考察:《富炎星(ふえんせい)-ハクテンオウ》派手な効果はないが割と手堅くまとまってます

 

 

カード説明

富炎星-ハクテンオウ/Brotherhood of the Fire Fist – Swan
融合・効果モンスター
星8/炎属性/獣戦士族/攻2600/守2200
獣戦士族モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドの「炎舞」魔法・罠カードの数×200ダメージを相手に与える。
②:自分・相手のバトルフェイズに、
自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

wiki

 

【炎星】の新規となる炎属性獣戦士族のレベル8融合モンスターです。

白い炎の白鳥を宿す槍を構えたヒゲのおっさんです。

いかにも無骨な武将って感じが現れていますね。

 

元ネタは「水滸伝」における梁山泊第十一位の好漢「李応」だと思われます。

背中に隠した飛刀(投げナイフ)を使って百歩離れた人の喉に当てる事が出来ると言われる達人であり

「天を打つ鷲」を意味する「撲天鵰」の異名を持ちます。

 

スポンサーリンク

炎舞の数に応じたバーン効果&破壊

獣戦士族モンスター×2

融合素材には獣戦士族2体を指定しています。

【炎星】では主に炎舞-「隠元」を使って融合召喚するのが基本となるでしょう。

融合素材から獣戦士族全般でも融合召喚が可能であり

特に元々融合テーマである【ムーンライト】あたりは出しやすいでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドの「炎舞」魔法・罠カードの数×200ダメージを相手に与える。

①の効果は1ターンに1度、特殊召喚した場合に

自分の場の炎舞魔法罠カード×200のダメージを相手に与えるバーン効果です。

そこまで高いダメージ量ではありませんが

【炎星】であれば2,3枚は場に存在している事は珍しくなく

毎ターン継続的に出していれば割と馬鹿にならないダメージ量になります。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分・相手のバトルフェイズに、
自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

②の効果はお互いのバトルフェイズ時に1度、

自分の場の炎舞魔法罠1枚を墓地へ送る事で

相手のカード1枚を破壊できるというものです。

発動タイミングがバトルフェイズに限られているもののフリーチェーンの除去であり

バトルフェイズ中に蘇生させる事が出来れば不意を突いた形の除去も行えます。

炎舞-「隠元」で融合召喚していればそれを墓地へ送って発動するのがいいでしょう。

 

炎舞-「隠元」とシナジーが高い

カード単体の性能で見るとどちらの効果も手放しで強力であるとは言えませんが

ほぼ専用の融合魔法と言える炎舞-「隠元」が墓地へ送られる事で炎星をサーチ可能であり

このカードの②の効果と非常に噛み合っています。

実質的に「ちょっとしたバーンダメージを与えつつ除去と墓地回収を行えるカード」

として運用できるので割と手堅くまとまったカードだと言えるでしょう。

逆に言えばほぼ炎舞-「隠元」とのセットが前提となるモンスターなので

炎星以外のデッキで出す場合にも

炎舞-「隠元」と何かしらの炎星モンスターは入れておいた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました