2020年10月の制限改定判明!さんざん暴れたあのカードがようやく禁止に!

2020年10月のリミットレギュレーションが判明しました。

 

 

規制強化されたカード

・禁止
超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ
SNo.0 ホープ・ゼアル

 

 

・制限
宵星の騎士ギルス
ワン・フォー・ワン

 

 

・準制限
希望の記憶
天底の使徒
墓穴の指名者

規制緩和されたカード

・無制限
輝白竜ワイバースター
処刑人-マキュラ
ネクロフェイス
真紅眼融合
パーソナル・スプーフィング

 

 

 

スポンサーリンク

個別ピックアップ

無制限に緩和されたカードが5つ、

残りは全て規制強化とかなり規制強化と規制緩和がはっきり分かれた改定となりました。

大会もちょくちょく開かれるようになってますし前回よりも改定が多くなっていますね。

それではいくつかピックアップしていきましょう。

 

超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ(制限→禁止)

真紅眼融合(制限→無制限)

強烈なパワーを秘め様々なデッキに出張していた

ドラグーン・オブ・レッドアイズがとうとう禁止カードです。

このカードの為に規制されたカードもいくつか存在していますしさすがに許されませんでした。

その代わりと言う感じに真紅眼融合が一気に制限解除されています。

純粋なレッドアイズデッキを組んでいた人にとっては朗報とも言えるでしょう。

 

SNo.0 ホープ・ゼアル(無制限→禁止)

希望の記憶(無制限→準制限)

【ヌメロン】と非常に相性の良かったホープ・ゼアルが禁止です。

ラスボスが主人公のカード使ってんじゃねぇ!って事なのでしょう。

また【ヌメロン】において大量ドローに繋げられた希望の記憶も準制限になっています。

 

 

宵星の騎士ギルス(無制限→制限)

【オルフェゴール(とジャックナイツ)】用の強力な墓地肥やしカードであった

宵星の騎士ギルスが制限です。

まあこのカードが規制されなかったらどうして終末が規制されてんだって話ですからね。

 

 

天底の使徒(無制限→準制限)

【ドラグマ】におけるEX墓地肥やし兼除去カードとして優秀だった天底の使徒が規制です。

とはいえ準制限と比較的甘めで他のカードにも特に規制はかけられていない為

【ドラグマ】はまだまだ十分に戦えるでしょう。

 

 

墓穴の指名者(無制限→準制限)

手札誘発に対する優秀な対抗札だった墓穴の指名者が準制限です。

灰流うらら無制限になっている事もあり

今後はより一層手札誘発をどう対応するべきかが課題になってくるでしょう。

ある意味これが一番多くのデッキに影響を与える改定かもしれません。

 

 

ネクロフェイス(準制限→無制限)

前回準制限になったネクロフェイスが制限解除です。

相性のいい封印の黄金櫃が制限カードなので完全復活というわけではありませんが

それでもデッキ破壊の主軸や除外サポートとしてより活用しやすくなってくるでしょう。

 

 

パーソナル・スプーフィング(準制限→無制限)

【オルターガイスト】用の永続罠であるパーソナル・スプーフィングが制限解除です。

なんだかんだまだまだ環境でも見かけるテーマでありながら規制緩和されており

今後の活躍が期待できます。

 

 

 

 

 

ワン・フォー・ワン(準制限→制限)

↑自分の心境

駄目かー・・・許されなかったかー・・・

 

 

総評

やはり影響が大きいのはドラグーン・オブ・レッドアイズでしょう。

様々なデッキに出張しており多くのデッキがこのカードの対策を意識していただけに

今後の環境が色々と様変わりしていきそうです。

また地味に墓穴の指名者が準制限になった影響も大きいと思われます。

今まで以上に手札誘発が跋扈してくる可能性がある為

そもそも手札誘発でメタられにくいデッキの評価が上がってきそうです。

あとはパーソナル・スプーフィングが緩和された【オルターガイスト】が

今後また環境で成績を残していくかどうかも気になる所ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました