遊戯王OCGカード考察:《Evil★Twin(イビルツイン) プレゼント》コントロール入れ替えの裁定変更来てます

今回紹介するのはデッキビルドパック ジェネシス・インパクターズよりこのカードです。

 

カード説明

Evil★Twin プレゼント
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「キスキル」モンスター及び「リィラ」モンスターが存在する場合、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体と、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスター2体のコントロールを入れ替える。
●相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。

wiki

 

【イビルツイン】用の通常罠です。

戦利品であろう大きな赤い宝石にラッピングしています。

様子から考えるとキスキルからリィラへのプレゼントって感じでしょうか。

こうしてみるとキスキルが姉でリィラが妹である可能性が高そうですね。

他のイビルツイン系のカードと比較しても全体的にきらきらとしたファンシーな構図となっています。

周りの可愛らしい小物や縫いぐるみの様子を見ても

なんだかんだリィラは可愛らしいもの好きなようですね。

右上のライブツインの縫いぐるみがいい味出してます。

 

 

スポンサーリンク

姉妹が揃っている時にコントロール入れ替えor魔法罠バウンス

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「キスキル」モンスター及び「リィラ」モンスターが存在する場合、
以下の効果から1つを選択して発動できる。

その効果は1ターンに1度、

自分の場にキスキルとリィラが両方存在する場合に2つある効果から1つを選ぶというものです。

お互いをセットで出すのが基本となるので条件を満たすのは難しくなく

またEvil★Twins キスキル・リィラであれば1枚で条件を満たせます。

 

●自分フィールドの「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体と、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスター2体のコントロールを入れ替える。

1つ目の効果はキスキルかリィラどちらかと

相手の表側表示モンスター1体のコントロールを入れ替えるというものです。

フリーチェーンでの妨害やエースモンスターの奪取にと非常に有用な効果です。

相手にこちらのモンスターを1体送る事になるものの

イビルツインのモンスターは全体的に攻撃力が低い為送るのが大したデメリットにならず

Evil★Twin キスキルやEvil★Twin リィラが自分の場にいなくなれば

相方の効果でそれらをフリーチェーンで蘇生してドロー&除去効果に繋げられるので

むしろこちらの方もメリットになっています。

 

ただそ墓地に送らず相手に送ってしまう関係で

墓地にもう1体いないとEvil★Twin キスキルやEvil★Twin リィラの効果で

蘇生に繋げられなくなる点には注意です。

またミラーマッチだとさすがに送り付けるリスクが大きくなります。

 

●相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。

もう1つ効果は相手の場にセットされた魔法罠1枚をデッキに戻すというもんどえす。

1つ目の効果に比べると地味で使いどころが限られてくるもの

相手の場に奪いたいモンスターがいない場合などにも無駄になりません。

 

 

起き場所はどちらも自分が選べる

基本的には1つ目のコントロール奪取を中心に活用していく事になるでしょう。

【イビルツイン】における基本戦術の1つにEvil★Twin リィラを墓地へ送っておき

相手ターンにEvil★Twin キスキルでそれを蘇生、フリーチェーン除去に繋げるというのがあり

このカードに限らずフィールドからEvil★Twin リィラをどかす手段というのは大事です。

このカードの場合Evil★Twin リィラを墓地へ送れないという弱点こそあるものの

実質的なフリーチェーン除去手段として機能する事もあり

Evil★Twin リィラと合わせて2回分の妨害が可能と非常にいやらしいです。

 

またこのカードの登場に伴ってかコントロール交換の裁定が変更されました。

従来ではお互いのコントロールを入れ替える場合置かれる場所は

それぞれのプレイヤーが置き場所を決めていましたが

それが「どちらのモンスターとも入れ替えを発動した側が選べる」ようになりました。

特に相手がリンク召喚を軸とするデッキであれば置き場所は意識しておいて損はないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました