遊戯王OCGカード考察:《電脳堺狐-仙々(でんのうかいこ シェンシェン》墓地メタの一種となる新たな汎用レベル9シンクロ!

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

電脳堺狐-仙々
シンクロ・効果モンスター
星9/風属性/サイキック族/攻2800/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドから墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
②:自分のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
除外されている自分または相手のモンスター1体を選んで墓地に戻す。
③:このカード以外の、
元々の種族・属性が異なるモンスター2体を自分の墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

wiki

 

【電脳堺】に属する風属性サイキック族のレベル9シンクロモンスターです。

丸みを帯びたフォルムが特徴的な白と紫のカラーリングを持つキツネ型のロボットです。

稲妻と同時に霊魂のようなエネルギーも周囲に走らせており妖狐感が出てます。

 

スポンサーリンク

場から墓地へ送られるカードは除外される

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

シンクロ素材に特に指定はなく合計レベルが9になるように

チューナーとチューナー以外のモンスターを揃える事でシンクロ召喚が可能です。

【電脳堺】では電脳堺媛-瑞々と電脳堺悟-老々がチューナーであり

いずれも自己展開効果を持っている為これらを積極的に活用して素材を揃えるといいでしょう。

電脳堺門-朱雀によるレベル調整も使えばよりレベルを9に合わせやすいです。

 

 

①:フィールドから墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

①の効果はフィールドから墓地へ送られるカードは墓地へいかず除外されるというものです。

生きたマクロコスモスとも言うべき効果ですが

あくまで除外されるのはフィールドから墓地へ送られた場合限定となっています。

墓地アドバンテージを重視するデッキに対してメタとして機能しますが

相手だけでなく自分も除外されてしまう点には注意です。

【電脳堺】も墓地アドバンテージが重要な為にこの除外は痛手ではありますが

デッキから直接墓地を肥やす手段が豊富なのでそこで上手くフォローしましょう。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
除外されている自分または相手のモンスター1体を選んで墓地に戻す。

②の効果は1ターンに1度、自分モンスターの攻撃宣言時に

除外されている自分か相手のモンスターを墓地に戻すというものです。

戦闘こそする必要がありますが墓地アドバンテージを確保できる効果であり

打点も2800と結構高いので攻撃できる機会は多いでしょう。

相手のカードを除外ゾーンから墓地に戻す事もできるので

除外ギミックを活用するデッキが相手の場合には意識しておいてもいいでしょう。

 

③:このカード以外の、
元々の種族・属性が異なるモンスター2体を自分の墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

③の効果は自身以外の元々の種族と属性が違うモンスター2体を墓地から除外する事で

自身を墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

ある程度墓地が肥えていれば積極的に自己蘇生が可能であり

②の効果で1枚は墓地に戻せる為、実質的な墓地の消費も少な目です。

ただしやはりこちらも①の効果で自分モンスターも除外されてしまう点には注意が必要です。

 

電脳堺でもそれ以外でも

墓地肥やし能力に長けた【電脳堺】においては

繰り返しの蘇生を狙いやすい2800打点のアタッカーとして活用が狙っていけるでしょう。

 

またシンクロ素材に指定がない事から汎用のレベル9シンクロとしても活用が可能です。

数が少ないレベル9シンクロの中でも場にいるだけで影響を及ぼすという独自の地位を持っており

墓地に依存する相手に対する選択肢の1つとして機能するでしょう。

また自己蘇生効果も持っている為に浮鵺城あたりと並んで

ランク9エクシーズの素材としても使い道があるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました