遊戯王OCGカード考察:《インフェルニティ・ワイルドキャット》目立って強力ではないけど確実に便利な存在

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

カード説明

インフェルニティ・ワイルドキャット
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1400/守 0
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは手札の他の「インフェルニティ」モンスター1体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚できる。
②:自分の手札が0枚の場合、
自分の墓地の「インフェルニティ」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

wiki

 

【インフェルニティ】の新規となる闇属性悪魔族のレベル3チューナーです。

両前足の爪から炎を走らせる凶暴な目つきの真っ赤な猫です。

ワイルドキャットとは山猫という意味と同時に

野蛮や短気な人を現すスラングとしても使われます。

このカードの場合その狂暴な表情から両方の意味がかかっているのでしょう。

 

スポンサーリンク

手札1枚を墓地へ送って特殊召喚

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは手札の他の「インフェルニティ」モンスター1体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚できる。

①の効果は1ターンに1度、他のインフェルニティ1体を手札から墓地へ送る事で

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

1枚のディスアドバンテージとなりますが【インフェルニティ】にとっては

墓地アドバンテージを稼ぎつつ手札0にしやすくなる為一概にデメリットと言えないでしょう。

手札にこのカードしかない場合はそもそも通常召喚すればいいわけなので

そういう意味では融通が利きます。

 

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分の手札が0枚の場合、
自分の墓地の「インフェルニティ」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

②の効果は1ターンに1度、満足状態の時に

墓地のインフェルニティ1体を除外する事で

自身のレベルをターン終了時まで1つ上げるか下げるレベル変動効果です。

実質的にレベル2~4のチューナーとして利用する事が可能であり

各種シンクロ素材やエクシーズ素材として柔軟にレベルを合わせる事が可能です。

墓地アドバンテージの大事なインフェルニティにとって除外コストは痛いですが

これを逆手にとって除外したカードを虚空海竜リヴァイエールで特殊召喚するといった手もあります。

便利な効果を複数備えてます

目立って強力な効果を持っているわけではありませんが

手札調整、自己展開、レベル調整と要所要所で【インフェルニティ】にとって

便利な効果を備えた細かい所で融通の利くチューナーとなっています。

特にインフェルニティ・パラノイアとは相性がよくこのカードのレベルを調整する事で

レベル2~4の任意のインフェルニティをデッキから特殊召喚する事が可能です。

手札0にしつつこのカードを特殊召喚して

インフェルニティ・パラノイアからインフェルニティ・デーモンを特殊召喚するというのは

新しい動き方の1つとなってくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました