遊戯王OCGカード考察:《双天脚の鴻鵠(そうてんきゃくのこうこく)》いきなり出てきて融合モンスターを出していく

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

カード説明

双天脚の鴻鵠
効果モンスター
星3/光属性/戦士族/攻 800/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「双天脚の鴻鵠」以外の自分フィールドの表側表示の「双天」モンスターが
相手ターンに戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分フィールドの「双天」モンスター1体を選んで破壊し、
EXデッキから「双天」融合モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「双天」罠カード1枚を手札に加える。

wiki

 

【双天】に属する光属性戦士族のレベル3モンスターです。

やや青みがかった黒髪を後ろに束ねたクールな装いのイケメンです。

いかにも突っ走りがちな熊羆を嗜めるポジションが似合いそうな

もうどこの乙女ゲーにも顔を出せそうな正統派美形キャラです。

鴻鵠とは「おおとり」と「くぐい」を合わせた言葉で大人物を意味します。

「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」といったことわざに使われたりします。

 

スポンサーリンク

相手ターンにモンスターが破壊されれば特殊召喚してさらに融合モンスターを出す

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「双天脚の鴻鵠」以外の自分フィールドの表側表示の「双天」モンスターが
相手ターンに戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は同名カード以外の双天モンスターが

相手ターンに戦闘破壊か効果破壊された場合に

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

【双天】にはトークンを生成する手段が豊富にあるので

それを壁にしつつこのカードの展開を狙っていくのがいいでしょう。

 

その後、以下の効果を適用できる。
●自分フィールドの「双天」モンスター1体を選んで破壊し、
EXデッキから「双天」融合モンスター1体を特殊召喚する。

そして特殊召喚した後に自分の双天モンスター1体を破壊する事で

EXデッキから双天融合モンスターを直接特殊召喚する事も可能です。

こちらも場に残っていたトークンあたりを破壊するのがいいでしょう。

自身を破壊して融合モンスターを特殊召喚する事も出来ますが

その場合は②の効果に繋げられない点には注意です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「双天」罠カード1枚を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

デッキから双天と名の付く罠カード1枚を手札に加えるサーチ効果です。

現在対応するカードは双天の再来と双天の使命の2種類であり

双天の再来はフリーチェーンの蘇生カードとして、

双天の使命は間接的に魔法カードをフリーチェーンで発動できるカードとしてどちらも有用です。

①の効果で特殊召喚した場合にも使えますが

前述の通り自身を破壊した場合には使えないのと相手ターンにサーチした場合、

セットできるのが次の自分ターン、発動できるのがさらにその次のターンとタイムラグがある点には注意です。

 

お互いのターンにサーチしやすい

召喚、特殊召喚どちらの場合でもサーチ効果を発動できる上に

①の効果によって相手ターンにも特殊召喚しやすいのがポイントで

上手く活用する事でお互いのターンごとにこのカードを場に出して

罠カードをサーチしていく事が可能です。

①の効果による特殊召喚でもいいですしこのカードで双天の再来をサーチできる為

そちらを使って相手ターンに蘇生を狙っていくのもいいでしょう。

 

ただ現在このカードでサーチできる罠カードが2種類しかないので

上手く回っているとそれはそれでデッキからサーチできる罠が簡単に尽きてしまいます。

そこが気になるのであれば貪欲な瓶など墓地の罠カードを再利用する手段を用意してもいいでしょう。

 

 

勿論①の効果によって融合モンスターを特殊召喚出来る点も優秀です。

特に双天拳 鎧阿とは相性がよく相手はうっかりこちらのカードを破壊すると

双天拳 鎧阿でもモンスターを破壊されてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました