遊戯王OCGテーマ考察:【マギストス】その本質は装備ビートという1周廻って古典的なテーマ!

幼い見た目ながら魔女たちのギルドを束ねる存在、ウィッチクラフトマスター・ヴェール。

 

古の天才魔術師であり現在はラメイソンにおいて魔力の源になっている召喚士アレイスター。

 

魔法都市エンディミオンを束ねる王、神聖魔導王 エンディミオン。

 

それぞれ別の道を歩んでいる3人ですがそんな彼らが

かつて一緒になって活動していた頃を現したと思われるテーマが登場しました。

今回はそんな【マギストス】について紹介したいと思います。

 

テーマ特徴

テーマの特徴を挙げると以下の通りです

・ウィッチクラフト、魔導、エンディミオンに関係のある3人が集結したテーマである

・レベル4の魔法使い族が中心ながらEXデッキのカードには他種族もいる

・融合、シンクロ、エクシーズ、リンクと様々なモンスターを使うが

直接特殊召喚するよりも装備カードにして様々な効果を発揮させるのがメイン

・本質的にはモンスターに装備モンスターを装備させてアタッカーにする装備ビートに近い

・何でもかんでもマギストスってルビ振ればいいってもんじゃねーぞ

 

アレイスター、ヴェール、エンディミオンと様々な魔法使い族テーマの面々が揃っています。

公式で「始まりの物語」と説明されており

恐らくは彼らがまだそれぞれ独立した道を歩む前を現したテーマであり

クロウリー、サンドリヨン、エンディミオンの3名がそれぞれ大賢者と称されています。

恐らくモチーフはイエス・キリストが誕生した際にそれを祝ったと言われる

東方の三賢者からでしょう。

カード名は魔法を現す「マギ」+伝説的な錬金術師である「トリスメギストス」からだと思われます。

総司令官を意味する「マギステル」も含まれているでしょうか。

サンドリヨンは明らかにヴェールと何かつながりがあるモンスターですが

ヴェールが9歳だと明言されている事を考えるとサンドリヨンが1度転生した姿がヴェールでしょうか。

 

なおテーマ名は「マギストス」となっていますがこれに決まった文字はなく

「法典」、「結晶」、「聖魔」、「絶火」と様々な文字にマギストスのルビが降られています。

マギストスとは何か1つを現す言葉ではないのでしょう。

 

スポンサーリンク

EXデッキのモンスターを装備する

メインデッキの3体の大賢者はいずれもEXデッキのマギストスを

自分や他のマギストス装備する効果を持っており、

クロウリーとサンドリヨンは墓地から、エンディミオンはデッキから直接

EXデッキのマギストスを装備させる事が可能です。

そしてEXデッキのマギストスは攻撃力守備力を強化する法典の守護者アイワスに

戦闘した相手モンスターを破壊する絶火の竜神ヴァフラム、

2回攻撃を付与できる結晶の女神ニンアルルと

自身を他のモンスターに装備する事で効果を発揮するカードが揃っています。

 

このようにメインデッキの三賢者や大いなる魔導の効果を使い

EXデッキのモンスターを装備していくのがこのテーマの基本スタイルであり

EXデッキのモンスターを装備カードとして活用していくとう独自の要素こそあるものの

本質としてはモンスターに装備カードを装備させて強化させていくという

むしろ古典的な装備ビートに近い性質を持ったテーマと言えます。

 

単純に下級モンスターである法典の大賢者クロウリーに法典の守護者アイワスを装備させるだけでも

2800打点となりそこに結晶の女神ニンアルルも装備させれば2回攻撃も可能と

シンプルに高い戦闘能力を付与していく事が可能です。

 

 

そのまま特殊召喚しても強い

このようにEXデッキのモンスターを装備させるのが基本スタイルですが

勿論普通にこれらEXデッキのモンスターを正規の手順で出すことも可能です。

専用の融合魔法である聖なる法典は魔法罠ゾーンのモンスターも融合素材として扱う事が可能であり

聖魔の大賢者エンディミオン等でEXデッキから装備させる事で

少ない手札消費で法典の守護者アイワスの融合召喚に繋げられます。

この法典の守護者アイワス、フリーチェーンで装備カードになるという効果を持っており

しかも相手に装備させれば攻撃力をアップした上でそのコントロールを奪うという

中々にいやらしい妨害性能を秘めています。

結晶の女神も墓地から魔法使い族を回収できるという使いやすい効果を持ったランク4エクシーズであり

手札から魔法使い族を展開できる三賢者の書もあるので

狙えるのであれば積極的にエクシーズ召喚を狙っていくのもいいでしょう。

 

 

EXデッキのモンスターを装備カードにしてしまうという新しさと

装備カードによってモンスターを強化して殴っていくという古典的さが同居したテーマ、

それがこの【マギストス】です。

個人的に相性がいいと思われるカード

黒き森のウィッチ
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1100/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから守備力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果を発動できない。

場から墓地へ送られた場合に守備力1500以下のモンスターをサーチできる魔法使い族です。

このテーマだと法典の大賢者クロウリーがサーチ可能であり

メインデッキのマギストス達とレベルがあっているので三賢者の書での特殊召喚に対応している他、

このカード1枚で聖魔の乙女アルテミスのリンク召喚に繋げてサーチ効果を発動可能です。

 

 

ドラグマ・パニッシュメント
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送り、
対象のモンスターを破壊する。
このカードの発動後、
次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

EXデッキを肥やしつつ相手モンスターを破壊できる通常罠です。

法典の大賢者クロウリーと結晶の大賢者サンドリヨンが

墓地からEXデッキのモンスターを装備する効果を持っているので

EXデッキから墓地に送る手段があると安定性が高まります。

絶火の竜神ヴァフラムは攻撃力が2500あるので除去の範囲も広いですし

EXデッキから特殊召喚できなくなるデメリットも

装備カードにする分には問題がないのである程度フォローが可能です。

 

スポンサーリンク

カードリスト

法典の大賢者(マギストス・グリモワ)クロウリー
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守1000
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
魔法使い族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:属性を1つ宣言して発動できる。
このカードはターン終了時まで宣言した属性になる。
③:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地からレベル4以外の「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

 

 

結晶の大賢者(マギストス・ヴェール)サンドリヨン
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 800/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「マギストス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
●除外されている自分のレベル4以下の魔法使い族モンスター1体を選んで墓地に戻す。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地からレベル4以外の「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

 

 

 

聖魔の大賢者(マギストス・マスター)エンディミオン
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1300/守1700
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
EXデッキから「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
②:自分フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。
その後、手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

 

 

法典の守護者(マギストス・セイント)アイワス
融合・効果モンスター
星8/風属性/悪魔族/攻2000/守2800
「マギストス」モンスター+魔法使い族モンスター
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
この効果でこのカードを相手モンスターに装備した場合には、
装備モンスターの効果は発動できず、そのコントロールを得る。
②:このカードを装備したモンスターの攻撃力・守備力は1000アップする。

 

 

絶火の竜神(マギストス・ドラゴン)ヴァフラム
シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻2500/守2900
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:S召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの表側表示のカードを全て破壊する。
②:このカードを装備したモンスターは相手の魔法・罠カードの効果では破壊されない。
③:このカードを装備したモンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを破壊する。

 

 

結晶の女神(マギストス・ゴッデス)ニンアルル
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/岩石族/攻1800/守2400
魔法使い族レベル4モンスター×2
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、
自分の墓地のレベル4以上の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:このカードを装備したモンスターは
1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
③:このカードが装備されている場合、
自分の魔法&罠ゾーンの「マギストス」カード1枚と
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

聖魔の乙女(マギストス・メイデン)アルテミス
リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/魔法使い族/攻 800
【リンクマーカー:上】

←   →
/ ↓ \
レベル4以下の魔法使い族モンスター1体
自分は「聖魔の乙女アルテミス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
他の「マギストス」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
②:このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキから「マギストス」モンスター1体を手札に加える。

 

 

三賢者の書(トリス・マギストス)
永続魔法
このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
装備カードを装備した「マギストス」モンスターは
それぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4の魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。
③:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札から「マギストス」モンスターを任意の数だけ特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

 

 

大いなる魔導(テウロギア・マギストス)
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
自分のEXデッキ・フィールド・墓地からレベル4以外の「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
自分の墓地に「マギストス」融合・S・X・リンクモンスターがそれぞれ1体以上存在する場合、
この効果で装備するモンスターを、
「マギストス」モンスター以外のEXデッキの融合・S・X・リンクモンスターから選ぶ事もできる。

 

 

聖なる法典(マギストス・インヴォケーション)
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた
魔法使い族モンスターを含む融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
「マギストス」融合モンスターを融合召喚する場合、
「マギストス」モンスターが装備している
自分の魔法&罠ゾーンの装備カード扱いの融合素材モンスターも融合素材に使用できる。

 

 

絶火の祆現(ヴリトラ・マギストス)
通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地のレベル4以下の「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:自分の魔法&罠ゾーンの「マギストス」カードが相手の効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

コメント

  1. 匿名 より:

    このテーマエモすぎる…

  2. キラークィーン より:

    魔法を使えるという事は共通しているけど、十人十色という感じで自身の魔力の発生方法や使い方、方針が全然違うから文字が違っていると考察してみました。

タイトルとURLをコピーしました