遊戯王OCGカード考察:《奇采(きさい)のプルフィネス》メタファイズにどうでしょう?

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

奇采のプルフィネス
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1800/守 0
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
デッキから罠カード1枚を除外して発動できる。
このカードのレベルを1つ上げる。
②:自分または相手の墓地の罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外し、このカードのレベルを1つ上げる。
③:このカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
除外されている自分の通常罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

wiki

 

闇属性悪魔族のレベル4モンスターです。

悪魔の翼を持ち蝶マスクをつけた剣士風の男です。

鍔の部分が翼のようになった黒と金の豪華な剣が特徴的です。

名前の由来は「プルフラス」+上質なものや洗練されたものを意味する「フィネス」からでしょうか。

プルフラスとは地獄の大侯爵にて君主である悪魔で闘争や不破、欺瞞をもたらす力を持っています。

 

スポンサーリンク

デッキから罠カードを除外して破壊された時にセット

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
デッキから罠カード1枚を除外して発動できる。
このカードのレベルを1つ上げる。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

デッキから罠カード1枚を除外する事で自身のレベルを1つ上げるレベル変動効果です。

単純に自身のレベルを5にするだけでなく罠用の墓地肥やしならぬ除外肥やしとも言うべき効果であり

③の効果の布石として利用できる他、

メタファイズ・アセンションを除外する事であちらのサーチ効果に繋げられます。

墓地で発動できる罠を除外してPSYフレームロード・Ωあたりで墓地に戻す手もあります。

 

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分または相手の墓地の罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外し、このカードのレベルを1つ上げる。

②の効果は1ターンに1度、自分か相手の墓地の罠を除外する事で

自身のレベルを1つ上げるレベル変動効果です。

①の効果と合わせてレベル6にまで上げる事が可能でありレベル4~レベル6の任意の素材になれます。

相手が墓地で発動する罠カードを採用していればそれの妨害としても使えますが

多くの罠カードはフリーチェーンで発動できる点には注意です。

鉄獣の血盟など発動条件が限られているものなどが狙い目です。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
除外されている自分の通常罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

③の効果は1ターンに1度、相手によって破壊された場合に

除外されている自分の通常罠を選んでセットできるというものです。

①の効果で除外した罠カードをセットしてもいいですし

単純に墓地から除外して発動できる罠カードの再利用に利用するのもいいでしょう。

 

特にメタファイズと相性よし

3つの効果全てが罠、それも除外に関係するものとなっています。

【メタファイズ】とは相性がよく前述の通りメタファイズ・アセンションを除外すれば

あちらのサーチ効果に繋げられますしそうでなくとも③の効果でセットするカードには困らないでしょう。

 

それ以外のデッキでも自力で6レベルになれるので

ランク4~ランク6のエクシーズ素材として活用していく事が可能です。

闇属性の守備力0なので悪夢再びに対応していますし

各種素材として活用しづらい状況でも自爆特攻から①と③の効果で罠カードのセットに繋げられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました