遊戯王SEVENS第10話『恐怖の怪談デュエル』感想

遊戯王セブンス11話の感想です。

またコロナ騒ぎの為か放送が延期されていましたがこの度復活です。

 

前回のあらすじ:連れション

 

ロミンのいとこ、霧島ロア

遺跡に残っていた紋章の意味を考えるチームルーク一同、

そんな中ロミンが一足先に変えると言います、どうやらバンドの予定がある様子。

小学生バンド「ロアロミン」はボーカル、ギター、ドラム、ベースの4人グループ。

オレ様キャラで通してるロアはロミンのいとこにあたります。兄弟ではなかった様子です。

そしてロアはライブをする七冥館に来て欲しいと遊我にチケットを渡します。

 

しかしそれはロアの卑劣なる策略でした。

ロアはロミンの弱みを握って彼女を意のままに操っていたのです。

まあ多分音痴だって事でしょう。ロミンにとっては結構切実な悩みな様子です。

ところで個々のロミンちゃんおっぱい大きくない?

 

さてやってきた七冥館、築40年であり所々古びた様子が見られます。

そんな中控室で3人を歓迎するロミン、後ろめたい事をしている様子で動きがぎこちないです。

そしてライブをするロミンに遊我がサプライズプレゼント、一番驚いてるのはルークです。

遊我が渡したのはギターとデュエルディスクを合体させたデュエルギター。

音楽とデュエルを両方楽しんで欲しいと作ったものでちゃんとギターとしても使える優れもの。

セット場所が3つしかない当たりラッシュデュエル専門って感じに見えますが

遊我の事だからOCGモードとかありそうです。

 

生徒会長もしっかりプレゼントを持ってきてますがルークは何も用意してません。

慌ててプレゼントを見繕いにいこうと外に出ようとしますが迷子になってしまいます。

そんな所に出会うのは不気味な謎の少年、53年前に死んだギタリストの亡霊がおり

今まで何人ものギタリストが行方不明ばっているという怪談話を始めます。

ミュージシャンは精神的に不安定になりやすいという話なので怪談とは相性よさそうです。

ギタリストの話を聞いてロミンが心配になり慌てて戻るルークですがそこにロミンの姿はいません。

どうやら遊我や生徒会長ともすれ違っていない様子です。

 

小学生ドルオタ、ミミさん

そうこうしているうちにライブの時間が始まります。

そこにはミミさんの姿もありました。どうやら彼女、ロアの大ファンの用です。

大手企業の大幹部しながら家事もこなしながらドルオタするって逆にすごいなあんた!?

早速ロアが登場するとミミさんの色々な所がハートマークに。旦那さんには見せられない光景ですね。

そしてロアはライブの前にスペシャルゲストとして遊我を招待、

ライブの前にラッシュデュエルを挑み、勝てばラッシュデュエルの所有権を確保し

ラッシュデュエルを「ロア・ラッシュデュエル」に改名する腹積もりだと言います。

この提案、特に遊我側にメリットが無いのですが遊我はそれをあっさりと了承、

そもそも所有権に興味が無く、それ以上に良い宣伝になると考えたからですね。

案外ロアもそのあたり分かっててこの提案したのかもしれません。

 

遊我が提案を受け入れた事でロアは更なる提案として3対3の2本先取を申し込みます。

チームルーク側の先攻はルーク、大してロアロミン側の先攻は先ほどルークが出会った少年、

その名も御前乃ウシロウです。

こうしてルークVSウシロウのラッシュデュエルが始まりました。

 

精神攻撃は基本

先攻はウシロウ。

まず下級モンスター3体を召喚・・・するのですがこれが非常に凝っており

1体1体召喚する際に怪談話を始めます。

まず男子トイレにまつわる怪談話をしながら背後の花子さんを召喚。

男子の立ちションを背後からずっと見つめているとかいやらしい幽霊ですね

そして金縛りにまつわる怪談話をしながら丑三つ時の藁人形を召喚、

最後に「紫鏡」という単語を20歳になるまで覚えていると死ぬという怪談話をしながら

紫鏡に潜むものを召喚します。

なお一番驚いてるのはカイゾーです。忘れるって機能なさそうですしね。

まあ紫鏡は正直自分もガチで怖かった奴なので人の事言えません。

 

そして魔法カード「呪いのファンレター」を発動、

これは攻撃力0のモンスターを全て守備表示にしてそのその数だけ相手の手札を捨てさせて

その数×300のダメージを与えるというものです。

一見強力な効果ですがラッシュデュエルだと相手が手札を残していないと意味がないので

中々使いどころが難しそうですね。でも先攻なら関係ないのでルークに900ダメージです。

そしてカードをセットしてターンエンド。

 

ルークのターン、ドロー。とここでウシロウが罠カード「ひたりひたりと迫る足音」を発動。

ドロー時に相手の手札を確認してそれに魔法罠が含まれていれば

3枚まで強制的にフィールドにセットさせその数×900ダメージを与えるというものです。

これによりルークは更にライフを削られると同時にここでも怪談話を披露、

精神的にもダメージを与えていきます。

この会談戦術、ロアが考案したもので特に信じ込みやすいルークに対して効果的だと考えたようです。

3対3を考えたのもそのあたりが理由なのでしょう。

卑劣と呼ぶには随分と回りくどいというかみみっちいというか・・・。

ちなみにより信じ込ませる為にロミンを使って寝てるルークに怪談話を吹き込ませています。

催眠音声かな?

 

とにかくルークはモンスターを召喚できない手札だった為ターンエンドです。

ウシロウのターン、ドロー。

魔法カード「乾いたノック音」を発動、これは相手の場に魔法罠が3枚ある時に発動可能であり

その内2枚を破壊するというものです。

そのターン攻撃できなくなるデメリットがありますが2体のモンスターをリリースして

邪影ダーク・ルーカーをアドバンス召喚します。

そしてデッキからカードを1枚墓地へ送り相手の魔法罠を1枚破壊しつつ1000ダメージ、

また手札に戻ります。ウシロウはこれでターンエンド。

 

3体目のエース

ルークのターン、ドロー。ここでも更に罠カード「呪いの着信番号」を発動、

ドローした枚数×300のダメージを与えさらにこのターン、

相手はレベルの一番低いモンスターを攻撃しなければいけないというもので

今回ルークがドローしたのは3枚、よって900のダメージです。

結局一切攻撃せずにルークのライフは残り300です。

さらにもう1枚の罠カード「オマエの後ろだ!」を発動、

相手ターンに効果ダメージを与えた時に発動でき手札から邪影ダーク・ルーカーを特殊召喚、

さらにそのターン攻撃力守備力を入れ替えて攻撃力2600の壁として立ちはだかります。

この時、ウシロウは「自分の名前と同じカード名でお気に入り」だと言います。

ここでルークはようやく気が付きます。今まで散々「お前の後ろだ!」と相手が言っていたのは

彼が自分の名前を精一杯アピールしていた頃に。

そう、彼は影が薄く名前も全然覚えてもらえないのが悩みの種であり

こうして常日頃からアピールしている模様です。

 

今までずっとびびっていたルークですがそうと分かれば怖い者なしです。

まずドラゴンズ・アップセッターを召喚して墓地からセットアッパーを蘇生、

更にフェニックス・ドラゴンで墓地のドラギアスを手札に回収、

そしてドラギアスをアドバンス召喚した後にさらにもう1体でジャスティス・ドラゴンをアドバンス召喚、

ジャスティス・ドラゴンは2体分のリリース要員になるのでそれをリリースして

新たな切り札、ビックリード・ドラゴンをアドバンス召喚します。

その効果は自分の場の最大攻撃力分だけ、相手の一番攻撃力の高いモンスターの攻撃力を下げる弱体化。

これによってダーク・ルーカーの攻撃力は100にまで低下していまいます。

そしてドラギアス→ビックリード→ドラギアスの順番で攻撃してウシロウのライフを0にします。

わざわざこの順番で攻撃してるのはビックリードが攻撃表示にしか攻撃できない制約があるからですね。

 

デュエル終了後に燃え尽きたウシロウに対してルークは「お前の名前は覚えた」と言います。

そこには負けはしたけど晴れ晴れとした表情のウシロウの姿がありました。

ルークはなんだかんだで倒した相手の心を入れ替えさせる描写が多いですね。

まずは1勝のチームルークですがロアは「次はそうはいかない」と豪語します。

 

 

 

 

というわけでとうとう霧島ロアが物語に絡んできました。

ルークの新エースである「ビックリード・ドラゴン」

攻撃名が「超絶ハイパー仰天アタック」という小学生らしさ全開なのむしろ好きです。

 

今回ルークと戦った御前乃ウシロウはアンデット族使い。

ひたすら効果ダメージを与える事に特化した明確なバーンデッキ使いです。

ラッシュデュエルでもバーン戦術が成り立つ事を証明してくれる存在かもしれません。

所で影薄いって話ですがドラムの方が影薄くないですかね?

次も戦わなそうですしドラムの彼にスポットライトが当たる日は来るのでしょうか。

というかちょくちょく場面に出てるけどずっとシルエットなんですが彼・・・。

次回予告『ガマンが限界!』

どうやら次は生徒会長VSロミンのようですね。

結局ロミンはロアの意のままに従う形でデュエルをさせられる様子です。

よっぽど音痴だとバレるのが怖いのかもしれません。

なお学人のデュエルという事で生徒会2人の黒子も出てきます。

セブンスって何だかんだ使い捨てのキャラって全然いませんね。

コメント

  1. 匿名 より:

    見てる時に「ハンデスやベー!」って思ったんですけど、ラッシュだからそこまで強くないんですよね。久しぶりの放送だったのでルールの基礎が抜けてました。
    3vs 3で最後がロアと遊我なら会長は負け確ですね・・・

タイトルとURLをコピーしました