遊戯王OCGカード考察:《混沌幻魔アーミタイル-虚無幻影羅生悶(きょむげんえいらしょうもん)》ちゃんと完全耐性も突破できる!

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

混沌幻魔アーミタイル-虚無幻影羅生悶
融合・効果モンスター
星12/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
「神炎皇ウリア」+「降雷皇ハモン」+「幻魔皇ラビエル」
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「混沌幻魔アーミタイル」として扱う。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのコントロールを相手に移す。
③:このカードのコントロールが移ったターンのエンドフェイズに発動する。
自分フィールドのカードを全て除外する。
その後、このカードの元々の持ち主は自身のEXデッキから
「混沌幻魔アーミタイル」1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。

wiki

 

混沌幻魔アーミタイルのリメイクとなる闇属性悪魔族のレベル12融合モンスターです。

虚無幻影羅生悶とはアーミタイルの効果名でありいわゆる必殺技カードの一種です。

 

アーミタイルが禍々しい黒いブレスを吐いています。

実際にGXで効果を発動したシーンの再現ですね。

 

スポンサーリンク

相手に送り付けた後に相手の場を全て除外

「神炎皇ウリア」+「降雷皇ハモン」+「幻魔皇ラビエル」

融合素材には三幻魔3体を指定しています。

素材指定そのものは元のアーミタイルと同じですが

こちらはしっかりと融合召喚が必要になっています。

逆に言えば素材と融合さえ手札に揃えればフィールドに揃える必要がありません。

なお次元融合殺にもしっかり対応しており召喚条件無視で特殊召喚が可能です。

 

①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「混沌幻魔アーミタイル」として扱う。

①の効果はモンスターゾーンにいる間混沌幻魔アーミタイルとして扱う名称変更効果です。

これにより失楽園で耐性を付与する事が可能でありまた2枚ドローもできます。

 

 

②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのコントロールを相手に移す。
③:このカードのコントロールが移ったターンのエンドフェイズに発動する。
自分フィールドのカードを全て除外する。
その後、このカードの元々の持ち主は自身のEXデッキから
「混沌幻魔アーミタイル」1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。

②と③の硬化は1ターンに1度、自身のコントロールを相手に移し、

さらにそのエンドフェイズ時に自分フィールドのカードを全て除外、

後に「元々の持ち主」はEXデッキから混沌幻魔アーミタイルを召喚条件無視で特殊召喚できるというものです。

中々にややこしい効果ですが「相手に送り付けた後で相手の場のカードを全て除外する」というもので

アニメではこれにより自分の効果扱いで除外させた為

「相手の効果を受けない」という完全耐性を突破していました。

OCGでも同じように相手に限定された完全耐性を突破する事が可能であり

タイミングはやや遅いながらもリセット効果として強力無比な性能を誇ります。

 

送り付けたこのカード諸共除外されてしまう点、

エンドフェイズまでに除去されると効果を発動できない点、

特殊召喚する混沌幻魔アーミタイルは次のターン以降じゃないと攻撃できない点には注意です。

攻撃力0を場に晒す事になるので守備表示で出すのがいいでしょう。

 

三幻魔に強力な全体除外ができました

疑似的ながらもアニメにおけるアーミタイルの効果を再現したものとなっており

【三幻魔】において強力な全体除去手段の1つとして機能します。

次元融合殺を使って出すのが恐らく簡単ではありますが

正規の手段で融合する事で竜嵐還帰などで特殊召喚が可能となります。

繰り返し全体除外しつつアーミタイルを特殊召喚出来るようになるので

狙えるのでしたら世紀の手段での融合も狙ってみるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました