遊戯王OCGカード考察:《超重禽属(ちょうじゅうきんぞく)コカトリウム》デッキから直接除外しつつステータス変更!

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。

今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカードです。

 

カード説明

超重禽属コカトリウム
効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1300/守 900
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:デッキからレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を除外して発動できる。
エンドフェイズまで、
このカードは除外したモンスターと同名カードとして扱い、同じ種族・属性・レベルになる。

wiki

 

風属性鳥獣族のレベル4モンスターです。

 

体の各所が緑色に発光する黒い金属のような体を持つ鳥です。

恐らく名前の由来は「コカトリス」+金属元素に使われる「ium」からだと思われます。

コカトリスとは中世ヨーロッパに伝わる鶏の頭に竜の翼、蛇の尻尾を持つと言われる怪物で

猛毒を持ち振れた相手を石化させると言われています。

金属を思わせる姿や名前を持つのはその石化能力から発想を得ているのでしょう。

 

スポンサーリンク

獣族、獣戦士族、鳥獣族のいずれかをリリースして墓地から蘇生

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場の獣族、獣戦士族、鳥獣族のいずれか1体をリリースする事で

自身を手札か墓地から特殊召喚する自己展開or自己蘇生効果です。

スケープ・ゴートによって生成したトークンなどをリリースして特殊召喚が出来る他

適当なモンスター2体をクロシープや武神姫-アハシマあたりにする手もあります。

 

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

デメリットとしてフィールドから離れると除外されてしまいます

繰り返し蘇生を狙うのであればエクシーズ素材にしてしまうのがいいでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:デッキからレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を除外して発動できる。
エンドフェイズまで、
このカードは除外したモンスターと同名カードとして扱い、同じ種族・属性・レベルになる。

②の効果は1ターンに1度、

レベル4以下の獣族、獣戦士族、鳥獣族1体をデッキから除外する事で

そのターンの間除外したモンスターと同名カードとして扱い、

さらに種族や属性レベルも一緒にするというものです。

これにより除外するモンスター次第dえランク1~4の任意のエクシーズ素材や

属性を指定するエクシーズの素材として活用できる他

【レイド・ラプターズ】のようなテーマ指定のカードにも対応が可能となります。

 

エクシーズ素材にとにかく便利

1度墓地に送る事が出来れば鳥獣族、獣族、獣戦士族いずれかをメインに活用するデッキにおいて

それらのモンスターをこの3種族のうちの1~4レベル、任意の属性に変更する事が可能であり

特にレベルがバラバラなデッキにおいてもレベル調整を容易にしてくれるカードです。

 

また鳥獣族、獣族、獣戦士族のいずれかをデッキから直接除外できる稀有なカードでもあります。

例えば月光彩雛を除外する事でバトルフェイズ中の効果の発動を封じる事が可能となります。

この3種族で除外する事にメリットがあるモンスターは少ないものの

除外されたモンスターを武神姫-アマテラスや竜嵐還帰などで

間接的に利用する事は可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました