遊戯王OCGカード考察:《複写機塊(ふくしゃきかい)コピーボックル》コンセントロールを助ける展開の要

今回紹介するのはCOLLECTION PACK 2020よりこのカードです。

 

カード説明

複写機塊コピーボックル
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「機塊」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはエンドフェイズまで、
対象のモンスターと同名カードとして扱う。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「機塊」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの同名モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

wiki

 

【機塊】に属する闇属性機械族のレベル1モンスターです。

VRAINSにおいてロボッピがソウルバーナー戦で使用し

その効果で手札から特殊召喚しつつ電幻機塊コンセントロールの名称をコピー、

あちらのリクルート効果に繋げました。

 

白を基調としたハンドスキャナーに手足が生えた感じのロボットです。

口元から紙を出していますがアニメではこの紙に

名前をコピーしたコンセントロールの絵が映し出されていました。

カード名は「コピー」+アイヌに伝わる小人「コロボックル」からだと思われます。

 

スポンサーリンク

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「機塊」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはエンドフェイズまで、
対象のモンスターと同名カードとして扱う。

①の効果は1ターンに1度、自分の場の機塊1体を選択、

自身を手札から特殊召喚しつつそのターンの間選択したカードと同名カードとして扱う

自己展開&名称変更効果です。

この効果で電幻機塊コンセントロールをコピーする事でコンセントロールが場に2体並ぶ事になり

あちらのデッキから同名カードを特殊召喚する効果の条件を満たせるようになっています。

それ以外でも単純に【機塊】において条件の緩い展開手段として重宝するでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「機塊」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの同名モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

②の効果は1ターンに1度、自身を墓地から除外する事で

自分の場の機塊1体と同じモンスターを手札か墓地から特殊召喚出来るというものです。

リンクモンスターも蘇生できるのが特徴で

この効果でLINK-1の機塊をメインモンスターゾーンに蘇生する事で

充電機塊セルトパスを介さずに場に2体の機塊リンクを並べる事も可能です。

場にコンセントロールがいるのであればもう1体のコンセントロールを蘇生させて

あちらの効果に繋げてしまうのもいいでしょう。

 

コンセントロールがより使いやすく

【機塊】にとってのキーカードであるコンセントロール用のサポートカードと言った立場であり

本来であれば同名カードを2枚並べる必要があり

何かしらデッキに戻す手段がない限り1度きりになってしまう②の効果の発動を大いに補助してくれます。

 

また守備力0の闇属性という事で悪夢再びに対応しています。

単純に2枚手札に回収するだけでも自身の効果で2体並べる事ができますし

②の効果を使わずに墓地に残しておく手もありです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました