遊戯王OCGカード考察:《家電機塊世界(かでんきかいせかい)エレクトリリカル・ワールド》必須カード級の効果が2つもある

今回紹介するのはCOLLECTION PACK 2020よりこのカードです。

 

 

カード説明

家電機塊世界エレクトリリカル・ワールド
フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、
デッキからフィールド魔法カード以外の「機塊」カード1枚を手札に加える事ができる。
②:1ターンに1度、自分が「機塊」リンクモンスターのリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地から「機塊」モンスター1体を選んで手札に加える。
③:1ターンに1度、自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドの「機塊」モンスター1体を選び、
その位置を他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

wiki

 

【機塊】用のフィールド魔法です。

VRAINSにおいてロボッピがソウルバーナー戦で使用したカードで

その効果で手札を補充しつつ転生炎獣ヒートライオの攻撃に合わせて

洗濯機塊ランドリードラゴンの位置を相互リンクになるように移動、

除外効果を発動させてヒートライオを返り討ちにしました。

 

手や顔のついた家電たちが元気に戯れる家電の王国です。

夜空には様々な花火が上がっておりお掃除ロボット時代のロボッピを模した花火もあります。

洗濯機やオーブン、ミキサーなどを模した家が特徴的ですね。

名前の由来は「エレクトリカル」+「リリカル」からでしょう。

エレクトリカルは「電気に関する」という意味で

リリカルは色々な意味のある言葉ですがこの場合は「深い感動」といった感じでしょうか。

ロボッピが目指した家電たちによる夢の王国を現しているのでしょう。

 

スポンサーリンク

サーチしつつサルベージしつつ位置変更

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、
デッキからフィールド魔法カード以外の「機塊」カード1枚を手札に加える事ができる。

①の効果は1ターンに1度、カード発動時に

フィールド魔法以外の「機塊」と名の付くカード1枚を手札に加えるサーチ効果です。

現在フィールド魔法の機塊はこのカードだけなので実質同名カード以外がサーチ可能ですが

もしかしたらそのうち他の機塊フィールド魔法も出てくるかもしれませんね。

 

②:1ターンに1度、自分が「機塊」リンクモンスターのリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地から「機塊」モンスター1体を選んで手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、機塊リンクをリンク召喚した場合に

墓地から機塊モンスター1体を手札に加える墓地回収効果です。

機塊リンクは1体でリンク召喚できるモンスターが数多く存在している為

よっぽどのことが無ければ発動条件を満たせますしリンク召喚をしていれば

自然とその素材に使った機塊モンスターも墓地に送られているのでそれを回収可能です。

 

③:1ターンに1度、自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドの「機塊」モンスター1体を選び、
その位置を他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

③の効果は1ターンに1度、モンスターの攻撃宣言時に

自分の場の機塊1体を他のメインモンスターゾーンに移動する事ができる位置変更効果です。

機塊リンクは相互リンク状態かそうでないかによって効果が変わる為

それを切り替えるのに活用する他LINK-1の機塊はいずれも自分方向にマーカーを持っていない為

EXモンスターゾーンの機塊リンクをメインモンスターゾーンにどかす事で

改めてもう1体機塊リンクを出す事が可能となります。

 

まあ必須カードです

まず①の効果が万能サーチという事でこの時点で思考停止で3枚積みしていい必須カードであり

②の効果も場に残れば毎ターンアドバンテージを確保できる必須カードという

必須カードと必須カードが1つのカードにまとめられた超必須カードです。

その上で③の効果機塊リンクを移動させられるのも便利であり

初手にこのカードを確保できているかどうかで動きやすさが全然違ってくるでしょう。

テラ・フォーミングなどこのカードを引っ張ってくる手段は少しでも多く確保しておきたい所です。

相手としては「アドバンテージを与えない為に一刻も早く除去したいけど

発動した時点ですでにサーチと言う最低限の仕事はされている」という非常に嫌なカードでもあります。

 

また擬似空間で②と③効果をコピーする事が可能です。

同じターンに張り替える事で1ターンに2度②の効果を発動する事ができますし

このカードが除去された時に一時的に代用する使い方もできるでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました