遊戯王OCGカード考察:《走破するガイア》毎ターンアドバンテージを稼げて竜騎士ガイアがより強くなる!

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

走破するガイア
フィールド魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のモンスターゾーンに「竜騎士ガイア」が存在する限り、
相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。
②:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札の「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を相手に見せて発動できる。
デッキからドラゴン族・レベル5モンスター1体を手札に加える。
●手札のドラゴン族・レベル5モンスター1体を相手に見せて発動できる。
デッキから「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を手札に加える。

wiki

 

【暗黒騎士ガイア】用のサポートとなるフィールド魔法です。

方言とかよく知らんから標準語しゃべらせとこ

魔道騎士ガイアが呪われし竜-カース・オブ・ドラゴンの吐く炎から全力で逃げています。

アクションゲームでこういう背後から迫りくる存在から逃げ続けるステージってありますよね。

自分大嫌いですけどそういうステージ。

 

スポンサーリンク

サーチしつつバトルフェイズ中の効果発動を封じる

①:自分のモンスターゾーンに「竜騎士ガイア」が存在する限り、
相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。

①の効果は竜騎士ガイアが場にいる間

相手のバトルフェイズ中の効果発動を封じるというものです。

攻撃反応罠やコンバットトリック、戦闘破壊時の効果を気にせずに攻撃する事が可能となり

竜魔道騎士ガイアや螺旋槍殺が持つ戦闘破壊時の効果をより狙いやすくなります。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:以下の効果から1つを選択して発動できる。

②の効果は1ターンに1度、2つある効果から1つを選択して発動するというものです。

 

●手札の「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を相手に見せて発動できる。
デッキからドラゴン族・レベル5モンスター1体を手札に加える。

1つは手札から暗黒騎士ガイアと名の付くモンスターを相手に見せる事で

デッキからレベル5ドラゴン族を手札に加えるサーチ効果です。

【暗黒騎士ガイア】ならば主に呪われし竜-カース・オブ・ドラゴンをサーチする事になりますが

手札から場に出すのはちょっと面倒なので主に融合素材として活用する事になるでしょう。

他ではバイス・ドラゴンやダークフレア・ドラゴンあたりもサーチ可能です。

 

●手札のドラゴン族・レベル5モンスター1体を相手に見せて発動できる。
デッキから「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を手札に加える。

もう1つは手札からレベル5ドラゴン族を相手に見せる事で

デッキから暗黒騎士ガイアと名の付くモンスターを手札に加えるサーチ効果です。

1つ目の効果の反対ですね。

特に展開の要となる魔道騎士ガイアをサーチできるのが美味しいですが

基本的に暗黒騎士ガイアよりレベル5ドラゴン族のがデッキに採用する枚数が少なくなると思うので

こちらの効果を発動できる機会も1つ目に比べると少な目です。

 

どっちの効果も便利です

フィールドに残れば毎ターンサーチ効果を発動しつつ

エースとなる竜騎士ガイアの攻撃をより通しやすくなるという非常に便利なカードです。

この手のバトルフェイズ中に効果発動を封じる効果の便利さはホープ・ザ・ライトニングが証明しており

螺旋融合から出した竜魔道騎士ガイアなどの打点の高さを存分に活かす事ができるでしょう。

場に残していると毎ターンアドバンテージを稼がれてしまう為に

相手としても出来るだけ早めに除去したいカードとなってきますが

呪われし竜-カース・オブ・ドラゴンでサーチが出来るので貼り直すのも難しくありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました