遊戯王OCGカード考察:《灰燼竜(かいじんりゅう)バスタード》アルバスの落胤と合わせて色んなデッキに出張できます

今回紹介するのはRISE OF THE DUELIST(ライズ・オブ・ザ・デュエリスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

灰燼竜バスタード
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+攻撃力2500以上のモンスター
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
②:このカードが融合召喚に成功したターン、
このカードはEXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。
③:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、
手札に加えるか特殊召喚する。

wiki

 

【ドラグマ】に関連する闇属性ドラゴン族のレベル8融合モンスターです。

赤く光る棘や翼を持つ銀色のドラゴンです。

融合素材を考えるとアルバスの落胤が変身した姿だと思われます。

バスタードとは非嫡出児(婚姻を結んでいない男女との間に生まれた子供)を指す蔑称で

落胤と合わせてアルバスの落胤の境遇を示唆するものとなっています。

 

スポンサーリンク

素材にしたモンスターのレベル分パワーアップ

「アルバスの落胤」+攻撃力2500以上のモンスター

融合素材にはアルバスの落胤と攻撃力2500以上のモンスターを指定しています。

アルバスの落胤は召喚、特殊召喚時に相手モンスター諸共素材となって融合召喚する効果を持っており

相手に攻撃力2500以上のモンスターがいればそれを素材に融合召喚が狙える事になります。

エース級のモンスターであれば大抵が条件を満たすのでそれが狙い目となるでしょう。

特にドラグマ・エンカウンターなどで相手ターンにアルバスの落胤を蘇生できれば妨害にも繋がります。

 

①:このカードの攻撃力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。

①の効果は融合素材にしたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする自己強化効果です。

元々の攻撃力が2500あり融合素材に指定されているアルバスの落胤のレベルが4なため

最低でも2900の攻撃力は確保可能です。

リンクモンスターやエクシーズモンスターを素材にした場合はその分の攻撃力は上がりませんが

最低これだけの攻撃力が確保できるなら十分とも言えるでしょう。

勿論高レベルの融合モンスターやシンクロモンスター等を素材にできれば

それだけこのカードも強力に戦闘破壊される危険性が減ります。

 

 

②:このカードが融合召喚に成功したターン、
このカードはEXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。

②の効果は融合召喚に成功したターンは

EXデッキから特殊召喚されたほかモンスターの発動した効果を受けないというものです。

特に相手ターンに融合召喚した場合に有用な効果で

エースモンスターによる除去効果の通用しない壁として機能します。

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、
手札に加えるか特殊召喚する。

③の効果は1ターンに1度、墓地へ送られたターンのエンドフェイズに

デッキからドラグマと名の付くモンスターかアルバスの落胤を

手札に加えるか特殊召喚するサーチorリクルート効果です。

相手の場に攻撃力2500以上のモンスターがいればアルバスの落胤をリクルートする事で

そのまま2体目のこのカードの融合召喚に繋げる事が可能です。

相手の場に該当するモンスターがいない、もしくはすでにそのターン効果を発動している場合には

特殊召喚せずに手札に確保しておく事で次ターン以降同様の事が狙えます。

 

他にも教会の聖女エクレシアを特殊召喚すれば間接的に魔法罠のサーチにも繋がりますし

教導の大神祇官を特殊召喚すればEXデッキからの墓地肥やしにも繋がります。

制約をすり抜けてうまく出そう

効果も優秀ですがやはり「アルバスの落胤で相手モンスターごと素材になれる」点が一番のポイントです。

フリーチェーンでアルバスの落胤を蘇生できるドラグマ・エンカウンターなどと合わせて

【ドラグマ】におけるメイン除去手段の1つとなってくるでしょう。

ドラグマはEXデッキのモンスターがいれば手札から特殊召喚出来る効果持ちが多いですが

このカードが自分の場にいる場合でも条件を満たせるのでそういう意味でも重要です。

ただやはり問題となるのは各種ドラグマが持つEXデッキからの特殊召喚制限でしょう。

これらの制約はいずれも効果の発動後に制約が発生するので

発動する前にこのカードを出すなどして上手く制約をすり抜けられるかが大事になってきます。

 

 

なおドラグマに関連する効果を持っていますが

アルバスの落胤さえいれば十全に性能を発揮できるので

アルバス共々【ドラグマ】以外のデッキに出張させてもまったく問題ありません。

むしろ余計な制約に頭を悩ませなくていい分、他デッキの方が使いやすいまであります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました