遊戯王カード考察:《千年の啓示》とうとう死者蘇生でラーが墓地より蘇る時代に!

今回紹介するのはデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編よりこのカードです。

 

 

カード説明

千年の啓示
永続魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から幻神獣族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んで手札に加える。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
このターン、自分の「死者蘇生」によって、
自分の墓地の「ラーの翼神竜」を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
この効果を発動したターンのエンドフェイズに、
自分は「死者蘇生」の効果で特殊召喚された「ラーの翼神竜」を墓地へ送らなければならない。

 

ラーの翼神竜用のサポートとなる永続魔法です。

ラーの翼神竜の姿が描かれた石碑です。

とりあえず死者蘇生使ってラーを蘇らせましょう的な事が書かれているのは伝わってきます。

 

 

不死鳥は 再び墓地より 舞い戻る(本当に舞い戻る)

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から幻神獣族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んで手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、手札から幻神獣族1体を墓地へ送る事で

デッキか墓地から死者蘇生を手札に加えるというものです。

手札コストこそ必要としますが制限カードである死者蘇生を使いまわす事が可能であり

この効果でラーの翼神竜を捨てればそのまま②の効果に繋げる事が可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
このターン、自分の「死者蘇生」によって、
自分の墓地の「ラーの翼神竜」を召喚条件を無視して特殊召喚できる。

②の効果は1ターンに1度、魔法罠ゾーンからこのカードを墓地へ送る事で

そのターン墓地からラーの翼神竜を墓地から召喚条件無視で特殊召喚できるようになるというものです。

そう、死者蘇生でラーをの翼神竜を蘇生できるようになります。

原作であった「死者蘇生でラーの翼神竜を蘇生させる」という

ラーにおける一番の目玉を再現できるようになる効果です。

ただしラーの翼神竜の効果は④以外は通常召喚に関係する効果であり

太陽神合一がない場合はほぼ④の効果による除去狙いで蘇生させる事になります。

ちなみにあくまで素の「ラーの翼神竜」を蘇生させる効果であり

スフィアモードやゴッドフェニックスは蘇生させられない点には注意が必要です。

 

この効果を発動したターンのエンドフェイズに、
自分は「死者蘇生」の効果で特殊召喚された「ラーの翼神竜」を墓地へ送らなければならない。

またデメリットとしてこの効果でラーを蘇生した場合、エンドフェイズに墓地に送る必要があります。

こんな所まで原作再現です。

ただしラーの翼神竜-不死鳥の蘇生に繋げる事が可能であり一概にデメリットとも言えません。

墓地に不死鳥がいない場合は墓地へ送ら得る前に

エクシーズ素材にするなりで利用してしまうのがいいでしょう。

 

単純に死者蘇生を使いまわすのも

スポンサーリンク

 

ラーと言えば死者蘇生で蘇るのがウリだったのにOCGで特殊召喚出来ないなんて制約がついてたせいで

今まで「ヲー」だの「ライフちゅっちゅギガント」など散々ネタにされてきたラーですが

2020年の此度、とうとう死者蘇生で蘇るという原作再現が可能となりました。

さらに死者蘇生のサーチor墓地回収がついているというおまけつきであり

原作における闇マリクの戦術である「死者蘇生を使いまわす」という再現もしやすくなっています。

 

 

また身も蓋もないですが②の効果は完全に無視して

「ただ死者蘇生を使いまわす為のカード」として活用する手もあります。

幸いコストとするラーの翼神竜は古の呪文で手札に加えられるので

神をただ手札コストにするという贅沢な使い方も十分できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました