遊戯王カード考察:《風精の加護(ふうせいのかご)》最上級モンスターで殴るのとどっちがお得?

今回紹介するのは

遊戯王ラッシュデュエルスターターデッキ 遊我 -切り開け! セブンスロード!!-よりこのカードです。

 

 

カード説明

風精の加護
通常魔法
【条件】手札1枚を墓地へ送って発動できる
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(魔法使い族)1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで1000アップする。

 

魔法使い族用のサポートとなる通常魔法です。

風使いトルネが妖精の少女から支援を受けています。

カード名からしてこの少女が風精という事なのでしょう。

所々に音符のマークがある事から音楽によって加護を与えているのでしょうね。

 

 

手札1枚をコストに攻撃力1000アップ

スポンサーリンク

 

【条件】手札1枚を墓地へ送って発動できる
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(魔法使い族)1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで1000アップする。

その効果は手札1枚を墓地へ送る事で

自分の表側表示の魔法使い族1体の攻撃力を

そのターンの間1000アップさせるというものです。

OCGで似たように1ターンの間攻撃力をアップさせるカード、

例としては1ターンの間攻撃力を1500上げる一騎加勢と比べると

強化できるのは魔法使い族に限定され攻撃力上昇量も500低く手札コストも必要と

かなり控えめな性能になっています。

 

とはいえラッシュデュエルはそもそも最大5枚ドローが可能なので

1枚1枚のカードの重みが違う為控えめな性能なのはむしろ当然と言えるでしょう。

ひとまずこの「手札1枚を捨てて攻撃力1000アップ」が

ラッシュデュエルにおける魔法カードの指標になってきそうな所でしょうか。

 

「通常魔法」と表記しましたがそもそもラッシュデュエルの魔法区分がOCGと同じで

速攻魔法や装備魔法が存在するのかというのもまだ謎です。

とはいえフィールドゾーンは確認できているのでまあフィールド魔法はあるでしょう。

 

 

最上級モンスターで攻撃するのと比較した場合

下級モンスターのラインがダーク・ソーサラー等の1500、

最上級モンスターのラインがとりあえず連撃竜ドラギアスの2500であると想定した場合

攻撃力1000アップというのは丁度下級で最上級と相打ちに持ち込める数値と解釈ができます。

最上級モンスターが2体のモンスターリリースで出せる事を考えると

下級モンスターと手札1枚をコストにこのカードを発動した場合では

どちらも3枚消費とアドバンテージの面ではトントンになっています。

ただこれはあくまで相打ちに持ち込んだ場合の話であり

同じ状況で低い攻撃力のモンスターを戦闘破壊した場合、

下級モンスターとこのカードを使った場合では次のターン攻撃力が1500に戻るのに対し

連撃竜ドラギアスは2500のままフィールドに維持する事が可能です。

しかもあちらは追加攻撃も出来るので期待値としてはあちらに負けてしまう所でしょうか。

 

ただ最上級モンスターをデッキに入れている場合手札5枚のうち2枚が最上級だと

フィールドにモンスターがいない場合1枚は手札に腐ってしまいます。

こちらは仮に手札に2枚来ていたとしても下級モンスターが1体でもいれば

下級モンスターを1体召喚してそれに2枚とも発動するという手段が取れるので腐る心配がありません。

仮に3枚このカードが手札に来ていたとしても1枚を手札コストにすればOKです。

 

こうして考えるとやはりデッキバランスの問題となりそうですね。

最上級モンスターをあまり入れすぎると事故の原因となるので

採用はほどほどに抑えてこのカードのような打点強化カードも混ぜるというのが大事なのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました