遊戯王カード考察:《SR(スピードロイド)カールターボ》風属性全般で使えるチューナー!ベイゴマックスの新たな相方候補!

今回紹介するのはVジャンプの1年間定期購読の特典となるこのカードです。

 

 

 

カード説明

SRカールターボ
チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 800/守1200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性以外のモンスターの効果を発動できない。
②:自分の墓地からこのカードと「スピードロイド」モンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドの全ての風属性モンスターの攻撃力はターン終了時まで800アップする。

wiki

 

【スピードロイド】の新規となる風属性機械族のレベル3チューナーです。

漫画版ARC-Vにおいて榊遊矢が赤馬零児戦で使用し

その効果で手札から特殊召喚しつつSRブロックンロールと共に

クリアウィング・ファスト・ドラゴンへのシンクロ召喚へと繋げました。

漫画ではスピードロイドが場にいる場合に特殊召喚可能というものでしたが

OCGでは制約が追加された代わりに特殊召喚条件が緩和されています。

外付け型の四角いジェット装置といった見た目をしています。

カード名の由来は「カルタ」+「ターボ」からでしょう。

百人一首に代表される日本のカードゲームであり

詠み人が読み上げたカードを早い者勝ちで入手し、最終的に取ったカードの多さで優劣を競います。

元は平安時代に存在していた貝合わせに

ポルトガルのカードゲームがミックスして誕生したと言われています。

スポーツとしても浸透しており「ちはやふる」など競技かるたを題材にした作品も存在します。

 

風属性がいれば特殊召喚、さらに風属性を強化可能

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性以外のモンスターの効果を発動できない。

①の効果は1ターンに1度、自分の場に風属性が存在する場合に

手札から特殊召喚する自己展開効果です。

風属性を軸としたデッキであれば簡単に特殊召喚条件を満たす事ができ

チューナーなのでそのままシンクロ召喚に繋げる事も可能です。

特殊召喚後風属性しか効果を発動できなくなる制約も含めて

風属性メインのデッキで活用するのが基本となるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分の墓地からこのカードと「スピードロイド」モンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドの全ての風属性モンスターの攻撃力はターン終了時まで800アップする。

②の効果は1ターンに1度、

墓地からこのカードともう1体スピードロイドの合計2体を除外する事で

自分の場の風属性全員の攻撃力を800強化する全体強化です。

全体強化としてはかなりの上昇量であり複数体並べて攻撃できれば相当に強力です。

発動にはこのカード含めて2体のスピードロイドが墓地にいる必要がありますが

スピードロイド2体でシンクロ召喚をしていれば自然と条件は満たせるでしょう。

【スピードロイド】では特にHSRチャンバライダーと相性がよく

攻撃力3000と3200による2回攻撃を狙う事が可能です。

スピードロイド以外では攻撃力2800で全体攻撃が出来るスターダスト・チャージ・ウォリアー、

攻撃力3600で2回攻撃のできるB・F-降魔弓のハマとも高相性です。

 

タケトンボーグとの使い分け

緩い条件で特殊召喚可能なチューナーというシンプルで使いやすい性能をしており

【スピードロイド】のみならず風属性デッキ全般で有用なカードとなっています。

SRベイゴマックスやSRビーダマシーンでサーチすればそのまま特殊召喚可能であり

そのままシンクロ召喚(ベイゴマックスであればエクシーズ召喚も)を狙う事ができます。

 

レベル3で風属性がいるときに特殊召喚が可能と

全体的な性能がSRタケトンボーグによく似ています。

【スピードロイド】で見た場合あちらはこのカードを含めた他のチューナーに繋げる事が可能であり

全体的な墓地肥やし性能とシンクロ召喚するレベルの幅広さで優っています。

一方でこちらは②の効果による全体強化がポイントであり

戦闘で優位に立ちたい場合に優れています。

墓地がどれだけ肥えているかも重要になってくるので状況に応じて使い分けていきましょう。

 

それ以外のデッキで見た場合、タケトンボーグはチューナーに繋げなければ制約が発生せず

ランク3を主軸としたデッキにベイゴマックスと共に出張させたい場合に便利です。

一方でこちらは特殊召喚した時点で風属性しか効果を発動出来ない制約が発生する代わりに

チューナーである関係でシンクロ召喚も積極的に狙っていく事ができます。

その為こちらはレベルを揃えなくとも活用しやすくなっており

ランク3中心のデッキではあちらを、風属性中心のデッキではこちらを使うのがいいでしょう。

ガスタの神裔 ピリカで蘇生が可能なのも魅力的です。

コメント

  1. 匿名 より:

    最後の方、「風属性しか特殊召喚出来ない制約が発生する」とありますが、効果を発動出来ないの間違い?

タイトルとURLをコピーしました