遊戯王カード考察:≪悪魔嬢(あくまじょう)マリス≫ディアボロスがもう1人女の子侍らしました。トラップ・トリックと相性よし

今回紹介するのはETERNITY CODE(エターニティ・コード)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

悪魔嬢マリス
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター2体をリリースし、
自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。
この効果は相手ターンでも発動できる。

wiki

 

闇属性悪魔族のレベル3モンスターです。

煽情的な恰好をし左目を赤く光らせる妖艶な青髪の女悪魔です。

名前や見た目的にも悪魔嬢リリスとは何かしらの接点があるとみていいでしょう。

マリスとは悪意や敵意を意味する言葉ですが

同時に聖母マリアをさす言葉に「ステラ・マリス」というものも存在しています。

 

 

モンスター2体リリースして通常罠をセット

スポンサーリンク

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター2体をリリースし、
自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

その効果は1ターンに1度、自分の場のモンスター2体をリリースする事で

墓地か除外ゾーンから通常罠1枚をセットできるというものです。

2体のリリース要員を必要とする為結果としてディアドバンテージになってしまいますが

スケープ・ゴートや黄泉ガエルなどを活用する事で損失を抑えていく事が可能です。

恐らくは各種ウイルスカードをセットするのを想定している効果ですが

シャドウディストピアを発動する為にメタバースをセットするのも有用です。

 

この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

ただしセットした罠カードはフィールドから離れた場合にデッキボトムに戻ってしまいます。

除外されたカードもセットできるので迷い風あたりも再利用が可能ですが

墓地からの効果発動は狙いづらくなるので注意が必要です。

ただトラップ・トリックとは相性がよく同名カードサーチの為に除外したカードをセットする事ができ、

デッキに戻る点も再びトラップ・トリックの発動が狙えるようになる為

一概にデメリットとも言えなくなります。

 

 

やはりシャドウ・ディストピアとセットで

スポンサーリンク

 

全体的にストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-を強く意識しているカードであり

闇黒世界-シャドウ・ディストピア-がいる事で真価を発揮できるようになっています。

シャドウ・ディストピアがあればリリースするモンスターの1体は相手モンスターで可能であり

実質的にフリーチェーンで毎ターン発動できる除去カードとして機能します。

 

ただその場合でも自分のモンスターを1体はリリースする必要があります。

シャドウ・ディストピアで生成したトークンをリリースできるのが理想的ですが

相手ターンにリリースする効果を持ったカードとしては悪魔嬢リリスもそうなので

両方とも場にある場合はどちらか片方をリリースしてしまってもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました