遊戯王カード考察:≪ドヨン@(アット)イグニスター≫使いやすい2つの効果でアドバンテージを確保

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ドヨン@イグニスター
効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻 400/守1600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:このカードがサイバース族リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「Ai」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

wiki

 

イグニッション・アサルトの新テーマ、【@イグニスター】に属する

闇属性サイバース族のレベル4モンスターです。

VRAINSにおいてAiが使用したカードであり

その効果で墓地から他の@イグニスターを蘇生しつつ

リンク素材や、シンクロ素材、エクシーズ素材にと幅広い活躍をしました。

濃い紫色を基調とする手の付いた人魂のようなモンスターです。

尻尾と思われる部分に@イグニスター特有の紋章が刻まれています。

パンドール曰く「Ai自身を現したカード」であり

その意味では正義の味方カイバーマンのような「自分をモデルにしたカード」とも言えます。

まあそういう意味で言うなら各種Ai魔法罠の方があからさまですが。

 

 

使いやすい2つのサルベージ

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

@イグニスター1体を墓地から手札に加える墓地回収効果です。

召喚、特殊召喚どちらにも対応する使いやすい効果であり

ヒヤリ@イグニスターやドシン@イグニスターを回収すればそのまま特殊召喚が可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードがサイバース族リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「Ai」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、

サイバース族リンクのリンク素材となった場合に

墓地から「Ai」と名の付く魔法罠を手札に加える墓地回収効果です。

そもそもサイバース族リンクの種類は豊富な為リンク先には困らず

リングリボーや転生炎獣アルミラージなどのLINK-1の素材にする事で

簡単に条件を満たす事が可能です。

 

回収する魔法罠としてはAiドリング・ボーンが筆頭で

回収したAiドリング・ボーンでドヨンを蘇生して再びリンク素材にする事で

毎ターンAiドリング・ボーンを使いまわす事が可能です。

相手の場にリンクモンスターがいる場合には

それを素材にできるAiラブ融合あたりを回収するのもいいでしょう。

 

 

積極的に使いまわそう

【@イグニスター】は全体的に手札の補充手段に優れていますが

このカードはそんな中でも特にアドバンテージを稼ぎやすいカードとなっています。

②の効果を活かすためにリンク素材として活用するのが基本ですが

レベル4の為ブルルと一緒にスカイペガサス@イグニスターのシンクロ素材にもしやすく

そちらの素材としても積極的に活用していく事になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました