遊戯王カード考察:≪メガリス・エマージョン≫毎ターンフリーチェーンで蘇生できるハイスペック蘇生カード

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

メガリス・エマージョン
永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「メガリス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

wiki

 

メガリスサポートとなる永続罠です。

エマージョンとは「出現」といった意味であり

1つのコマから表からメガリス・アラトロンが、

もう1つのコマからメガリス・オクが光と共に出現しています。

表裏それぞれに出ている事を考えるとこの2体は同一の存在であり

メガリス・オクがいわゆる将棋でいう所の「成駒」をする事で

メガリス・アラトロンへと変身するのだと思われます。

 

 

毎ターン使える蘇生効果!

スポンサーリンク

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「メガリス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、墓地のメガリスを守備表示で特殊召喚する蘇生効果です。

一切のコストが必要なく、永続罠故に毎ターン使用可能、

それもお互いのターンにフリーチェーンで蘇生できるという

蘇生カードとしては極めてハイスペックな性能を有しています。

特にメガリス・アラトロンは蘇生からでも問題なく効果が発動できるので

相手の除去が怖いのであれば有力な蘇生候補となってきます。

 

 

この効果で特殊召喚したモンスターは、
フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

デメリットとして蘇生したメガリスは

フィールドから離れると墓地に行かずデッキに戻ってしまいます。

墓地アドバンテージが重要になってくる【メガリス】にとってこれは痛く

闇雲に蘇生をしていると逆に自分の首を絞める危険性もあります。

このデメリットはエクシーズ素材にする事で回避できるので

特にレベル4のメガリスを蘇生する場合には積極的にエクシーズ素材にするといいでしょう。

もう1体レベル4のメガリスを儀式召喚して並べるのもいいですが

センジュ・ゴッドやマンジュ・ゴッドあたりを召喚してそれを素材にするとより無駄がありません。

ランク4の候補としては岩石族をサーチできる御影志士あたりが特にオススメです。

勿論ホープ・ザ・ライトニングあたりを出してぶん殴ってもOKですが。

 

 

どれを儀式召喚したかは覚えておこう

このカードを使う上で注意しなければいけない点として

儀式召喚をしていないメガリスは蘇生制限によって蘇生が出来ない事が挙げられます。

特に【メガリス】は儀式モンスターを儀式魔法の代用として使う関係上

蘇生制限を満たしていないメガリスが墓地へ溢れかえるので

どれを儀式召喚してどれを儀式召喚していないかはよく覚えておく必要があります。

デッキに戻ってしまうデメリットも踏まえると調子にのって蘇生しまくっていると

もう蘇生できるメガリスが墓地にいない、なんて自体もありえるでしょう。

前述のエクシーズ素材にしてデッキに戻るデメリットを回避するのはその意味でも重要で

エクシーズ素材にしている限りは繰り返しそのメガリスを蘇生が可能です。

 

こういった点にさえ注意しておけばお互いのターンにフリーチェーンで蘇生できるという

破格の性能を持つ蘇生カードとして機能してくれます。

【メガリス】における明確な強みの1つといってもいいでしょう。

メガリス・ハギトを儀式召喚すれば簡単にサーチできるのもありがたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました