遊戯王カード考察:≪テイ・キューピット≫3体目のキューピット登場、やっぱりあったレベル変動効果

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

テイ・キューピット
効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻1000/守 600
このカード名の②の効果は1ターンに1度しかできない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのレベル以下のレベルを持つモンスター以外の
全てのモンスターが発動した効果を受けない。
②:自分の墓地のカードを3枚まで除外して発動できる。
ターン終了時まで、このカードのレベルを、除外した数だけ上げる。

wiki

 

光属性天使族のレベル2モンスターです。

ハイ・キューピット、ロー・キューピットに続く3体目のキューピットです。

テニスウェアを来て水平方向に弓を構えて放つ女性のキューピットです。

ハイ・キューピットよりもお姉さん感がありますね。

名前の由来は「庭球」、つまりテニスですね。

以前ロー・キューピットの記事で

「そのうちテイ・キューピットなんてモンスター出るかも」とつぶやきましたが

本当に来ちゃいました

 

 

墓地からカードを除外してレベル調整

スポンサーリンク

 

①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのレベル以下のレベルを持つモンスター以外の
全てのモンスターが発動した効果を受けない。

①の効果はモンスターゾーンに存在している

レベル以下のモンスター以外の発動した効果を受けないという耐性です。

このカードのレベルは2なので

レベル1かレベル2以外のモンスター効果を一切受け付けず

レベルを持たないエクシーズやリンクのモンスター効果にも耐性があります。

レベル1やレベル2のモンスターに除去効果を持ったモンスターはあまりなく

精々サクリファイスやグレイブ・スクワーマー、

ライトロード・ハンター ライコウ程度のものです。

とはいえこのカードの攻撃力は1000と少なく簡単に戦闘破壊されてしまうので

あまり場持ち効果は期待できません。

 

②:自分の墓地のカードを3枚まで除外して発動できる。
ターン終了時まで、このカードのレベルを、除外した数だけ上げる。

②の効果は墓地からカードを3枚まで除外する事で

そのターンの間除外した枚数分自身のレベルを上げるレベル変動効果です。

墓地コストこそ必要なものの状況に応じてレベル2からレベル5まで変動可能であり

シンクロやエクシーズ用のレベル調整として機能します。

除外するカードの種類は問わない為、

使い終わった魔法罠をコストにすれば無駄がないでしょう。

メタファイズのように場外される事が発動トリガーになるカードを除外する手もあります。

 

 

タンホイザーゲートと組み合わせてみたり・・・

このカードの評価点として攻撃力が1000と低い関係で

タンホイザーゲートに対応している点です。

それでいてレベル2~5にレベルを変動させられるので

他の低攻撃力の天使族と並べて柔軟にエクシーズ召喚が行えるでしょう。

 

また①の効果は自分モンスターの効果も受け付けない関係で

トポロジック・ボマー・ドラゴンあたりの効果発動のトリガーにしても

このカードだけ生き延びたりなんて事も可能です。

 

そんなに強いカードというわけではないですが

意外と面白い使い方のできるカードだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました