遊戯王カード考察:ロー・キューピット 壁要因だとマシュマロンという先輩がいるわけですが・・・

スポンサーリンク

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。

 

 

 

ロー・キューピット
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守 600
①:このカードは、このカードより高いレベルを持つモンスター以外の
モンスターとの戦闘では破壊されない。
②:自分スタンバイフェイズに発動できる。
このカードのレベルを1つ上げる。

 

 

光属性天使族のレベル4モンスターです。

背中に弓を持ちバスケットボールを構えた天使の青年です。

名前の由来は籠球、つまりバスケットボール+キューピットでしょう。

名前も対になっており明らかにハイ・キューピットを意識していますね。

こちらはキューピットらしくちゃんと男性の見た目ですが

あちらと違う弓を背負っているだけで使っていません。

この弓何に使うんでしょう?

 

 

①:このカードは、このカードより高いレベルを持つモンスター以外の
モンスターとの戦闘では破壊されない。

①の効果は自身よりレベルが高いモンスター

「以外」との戦闘では破壊されない限定的な戦闘破壊耐性です。

デフォルトのレベルが4なのでレベル5以上の相手以外では戦闘破壊されないわけです。

以外なのでレベルを持たないエクシーズやリンク相手の攻撃にも問題ないという

勝鬨君が喜びそうな仕様です。

その為エクシーズやリンク召喚がメインの相手であれば信頼できる耐性ですが

逆に融合やシンクロがメインの相手では戦闘破壊されやすいです。

 

 

②:自分スタンバイフェイズに発動できる。
このカードのレベルを1つ上げる。

②の効果は自分スタンバイフェイズにレベルを1つ上げるレベル変動効果です。

①の効果とは繋がっておりこの効果でレベルが上がる事で

①の効果で戦闘破壊を防げる範囲が広がっていく事になります。

 

 

このカードの問題点としてはそもそも同じ光属性天使族に

完全な戦闘破壊耐性を持ちなおかつうまくいけばダメージも与えられる

マシュマロンという強力なライバルがいる事でしょう。

単純な壁として使うのであればあちらの方が普通に優秀なので

こちらを使うのであれば別の方向性で活路を見出してやる必要があります。

一番差別化が図りやすいのはレベル4である事と②の効果でしょう。

例えば相手に攻撃に合わせて戦線復帰などでこのカードを蘇生すれば

壁要因にしつつ次の自分ターンにはレベルが5となり

ランク5のエクシーズ素材として活用する事が可能です。

各種蘇生カードが壁要因と素材の両方を兼ねられるのは中々悪くありません。

この蘇生カードが強化蘇生であればランク6も視野に入ります。

ランク5やランク6のエクシーズ召喚を狙うデッキで

かつ蘇生カードを積極的に活用するのであれば

このカードにも出番があるかもしれませんね。

勿論レベル的に丁度いいというのであればシンクロ素材にする手もあります。

 

 

それにしてもまさかキューピットがシリーズ化するとは思いませんでした。

今後もしかしたらテイ・キューピットとかシュー・キューピットとか

ガイ・キューピットとかも出てくるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました