遊戯王カード考察:≪虚の王(うつろのジェネレイド) ウートガルザ≫ジェネレイドの制圧力がさらに増しました

今回紹介するのはIGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

 

虚の王 ウートガルザ
効果モンスター
星9/光属性/岩石族/攻2200/守2700
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「虚の王 ウートガルザ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスター
または岩石族モンスターを合計2体リリースし、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

【ジェネレイド】の新規となる光属性岩石族のレベル9モンスターです。

光の王 マルデルに続く2枚目の光属性ジェネレイドです。

 

何か妙に傾いた城です。さらによく見るとこの城は透けています。

「虚」という名を冠している事から幻影的な存在なのでしょう。

 

カード名の由来は「ウートガルザ・ロキ」だと思われます。

北欧神話に登場する巨人の王であり

幻影を操る術に長け、トールに山を自分の頭部だと誤認させたりしました。

 

 

フリーチェーンで除外できる

スポンサーリンク

 

①:「虚の王 ウートガルザ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

①の効果は自分の場に同名カードが1枚しか存在できない制約です。

ジェネレイドではお馴染みの制約ですね。

王とは孤高にして唯一のものなのです。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドの「ジェネレイド」モンスター
または岩石族モンスターを合計2体リリースし、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

②の効果は1ターンに1度、

自分の場からジェネレイドと名の付くモンスターか岩石族を合計2体リリースする事で

場のカード1枚を除外できるというものです。

【フリーチェーン】で除外可能であり、相手の展開の妨害に大いに機能します。

同じくフリーチェーンで除去を行えるジェネレイドに剣の王 フローディがいますが

あちらと違い相手にドローもさせず、破壊耐性持ちも突破できる点で優れています。

2体のリリースが必要なものの王の舞台があればリリース要員となるトークンも容易に用意できるので

基本的に相手ターンでの発動を狙っていく事になるでしょう。

このカード自身もリリースが出来るので状況によっては選択肢に入れておきましょう。

 

 

ニードヘッグと一緒に並べて悲鳴を上げさせよう

相手の特殊召喚をリリースできる氷の王 ニードヘッグと合わせて

【ジェネレイド】の制圧力を高めてくれる要員です。

もしニードヘッグと一緒に並んだら

相手は特殊召喚を妨害されるはフリーチェーンで除去されるわと

非常に動きにくくなるでしょう。

あちらもリリース要員が1体必要ですが王の舞台と合わせると

このカードとニードヘッグを並べてもトークンを3体生成できるので

むしろ使い切る分には丁度いいと言えます。

 

 

【岩石族】で活用する場合、このカードを特殊召喚する手段と

リリース要員の確保が課題となるでしょうか。

王の舞台があればどちらの問題も解決できるので

いっその事王の舞台と合わせて出張させるのもいいでしょう。

光属性故にブロック・ゴーレムとの相性が悪い点には注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました