遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第120話(最終話)『繋がる世界』感想

スポンサーリンク

遊戯王ヴレインズ120話の感想です。

いよいよ最終話です。泣いても笑ってもこれが最後です。

 

 

 

前回のあらすじ:あなたと超融合したい

 

 

生きるという事は

自分と融合し、永遠に一緒に生きようと提案するAi。

しかしプレイメーカーはその誘いに首を横になります。

プレイメーカーは言います。もし一緒になったとしてもそれは既に自分ではなく、Aiではないと。

生きるという事に答えはなく、誰もが絶対的な答えを、楽な答えを求めようとしますが

結局のところそんな答えなんてないのだと。

 

それじゃ何が残るんだと聞くAi、プレイメーカーは「繋がり」だと答えます。

誰かと誰かとの繋がり、何かと何かとの繋がり、

その繋がりは時間と共に変化し、時には切れてしまう事もあるけれど

それでもまた新しい繋がりに出会っていく、そういう事の連続こそが命なのだと。

面倒だなぁと文句を垂れるAi、そうだ面倒なものだと突きつけるプレイメーカー。

そうやって生きていくには強くないとやっていけない、

それで争いが起こるかもしれない、それでも歩み続けるしかないのだと。

 

生きる事とは誰かと、何かと繋がる事、つまりは「リンク」する事。

この生きる事の答えを最初、最初他人を避けて生きて来た遊作が言うのが感慨深いですね。

それでいて誰よりも心優しかった遊作がたどり着いた答えがこれなのでしょう。

 

一世一代の告白を「あーあ振られちゃった」と残念そうに言うAi。

AiはどうしてもAI故に合理的に考えてしまい

「答えのない道を行く事は出来ない」と告げます。

だからこそ決着をつけようと。

 

 

最後のコード・トーカー

プレイメーカーのターン、ドロー。

ここでAiは永続罠「-Ai-Q」を発動します。

これはお互いに1ターンに1度しかリンク召喚出来なくなるというロック効果です。

これで連続リンクによる展開は不可能となりました。

プレイメーカーはまずサイバネット・リチューアルを除外してトークンを2つ生成、

そして魔法カード「ドラスティック・ドロー」を発動、

お前も自分をカード化するのかよ!

これは2体以上となる自分モンスターを全て除外して3枚ドローするというものです。

そうしてドローしたカードは・・・

リンクスレイヤー!

サイバース・ウィザード!

バックアップ・セクレタリー!

いずれも全て初期からプレイメーカーが使用し続けているカードです。

これらを展開しさらに墓地からフュリアスを除外してダークフルードを蘇生、

そしてこの4体でサーキット・コンバインを展開します。

 

LINK-4、アクセスコード・トーカー。

デコード・トーカーが純白の鎧をまとったような姿をしています。

獲物はランス、剣から変えつつもこれまた王道な武器をひっさげて来てます。

攻撃力は他のコード・トーカーと同じく2300、

しかし素材にしたリンクモンスターのマーカー数×1000攻撃力を上げる効果を持ち、

LINK-5のダークフルードを素材にしたこのカードの攻撃力は7300!

ですが相対するジ・アライバル・サイバース@イグニスターは攻撃力13000、届きません。

 

けれどもアクセスコードはそれだけでは終わりません。

アクセスコードのもう1つの効果、

それは墓地からリンクモンスターを除外する事でカード1枚を破壊できるというもの。

しかも「違う属性のリンクを除外する限り」1ターンに何度でも発動可能です。

まず地属性のトランスコード・トーカーを除外してイグニスターAiランドを破壊、

Aiランドには破壊時に自分のカードを道連れにする効果がありますが

ガッチリ@イグニスターの効果でこれを防ぎます。

そしてカードが1枚減った事でジ・アライバルの攻撃力は12000に低下。

続いて水属性のスプラッシュ・メイジを除外してガッチリを破壊、

ガッチリがフィールドを離れた事でジ・アライバルに完全耐性が付与されるも

カードがさらに1枚減りジ・アライバルの攻撃力は11000に。

炎属性のプロキシー・F・マジシャンを除外してグッサリ@イグニスターを破壊、攻撃力は10000、

風属性のエクスレイヤーを除外してダークワイトを破壊、攻撃力は9000、

光属性のリンクロスを除外して-Ai-Qを破壊、攻撃力は8000、

闇属性のデコード・トーカーを除外してゆずり-Ai-を破壊、攻撃力は・・・7000!

とうとうアクセスコードを下回りました。

 

始まりのエース

満を持してアクセスコードでジ・アライバルを攻撃します。

しかしAiは墓地のグッサリを除外する事でお互いの攻撃力を3000にします。

これによりアクセスコードとジ・アライバルは壮絶な相打ちと果たします。

さらにバトル終了時、Aiは墓地からダークナイトを蘇生させます。

しかしプレイメーカーもまたサイバネット・クロージャの効果を発動、

相手リンクモンスターを破壊した時に裏側表示で除外していたカードを墓地に置くというもので

プレイメーカーが除外していたカードは・・・リコーデッド・アライブ!

墓地から除外し、除外されていたデコード・トーカーを特殊召喚します。

 

プレイメーカーはこれでターンエンド。

最後の最後にダークナイト@イグニスターとデコード・トーカーという

3期OPで相対していた構図が出来上がりました。

 

プレイメーカーはAiに聞きます。自分とデュエルしたシミュレートはしたのかと。

Aiはそんな無粋な真似はしないとそれを否定します。

 

Aiのターン、ドロー。

Aiは尋ねます。俺はお前にとっていい相棒だったかと。

最高の相棒だったと答えるプレイメーカー。

その答えに満足したAiは・・・ダークナイトでデコードを攻撃します。

そしてドローしてきたカードは・・・速攻魔法「-Ai-打ち」!

ダークナイトと最高の相性を持つこのカードはもはやAiの代名詞の1つとも言え

遊馬におけるダブル・アップ・チャンスのようなカードといってもいいでしょう。

バトルフェイズ時にAi打ちを発動するAi、

しかしプレイメーカーは墓地からコード・ハックを除外し

Ai打ちの発動を無効、さらにデコードの攻撃力を700上げて返り討ちにします。

これによりAiのライフは0となりました、プレイメーカーの勝利です。

 

 

『Ai』の意味

倒れ伏すAi、駈け寄るプレイメーカー。

もしAi打ちを発動していなければ勝っていたのはAiの方だったと言うプレイメーカー。

Aiはプレイメーカーなら墓地に何か仕込んでいるとは感づいていました。

ですがそれでもいいと思ってしまいました。

未来を変えるという選択を、自分で選ぶことができなかったと言います。

 

Aiはシミュレーションである未来を見てしまいました。

それは恐らくAiが人類と敵対した時、それでも自分を庇うプレイメーカーが

銃弾に倒れ、犠牲になっていくのを。

Aiの言う通りであれば何千回と、何万回と。

そんな未来を自分は選ぶことができなかったと言います。

この時のAiの叫びが本当に悲痛です。

 

奪った意識データを元に戻し、いよいよ消えようとするAi。

怖いと嘆くAi、消えていく事が、皆から忘れ去られていく事が怖いと。

そして気付きます。「繋がる」という事は「皆から覚えてもらう」事なのだと。

繋がっていたプレイメーカーは「俺はお前を忘れない」とAiに言います。

 

Aiは尋ねます。プレイメーカーが名付けた「Ai」という名前に意味はあるのかと。

適当な名づけでありながらなんだかんだで非常に気に入っていたAiという名前、

自分のカードに、様々な意味を持たせて名付けていた事からもその愛着ぶりが伺えます。

プレイメーカーは「人を愛する『Ai』だ」と答え、Aiもその答えに満足します。

そして最期にプレイメーカー・・・いや遊作に「愛してたぜ」と告げ

「人を愛するAi」は消えていきました。

 

その直後、遊作は現実世界へと戻り、

抜け殻となったAiのソルティスが大量のコピーと共に倒れていきます。

亡骸とも言えるAiの身体を抱きかかえ、遊作は涙を流しながら絶叫しました。

かけがえのない友達を、最高の相棒を失った叫びを。

 

エピローグ

舞台は3か月後、

仁くんはすっかり回復し、カフェナギで兄の手伝いをしています。

屋台に来ていた葵に君たちのおかげだとお礼を言う草薙さんに自分なんてと遠慮がちに返す葵。

遊作はあれから姿を消したみたいで連絡もつかない様子です。

しかし草薙さんはいつ遊作が戻ってきてもいいように

いつもの場所で、いつものように屋台を開く事にしています。

 

戝前専務はDDD死偉王ザイゼン・アキラにランクアップしていました。

あれからSOLも立て直したみたいでリンクヴレインズを復活、

それどころか様々なネットワークと繋がるセントラルステーションへと改良しました。

これによりリンクヴレインズの世界はさらに広大に広がる事となります。

無限の可能性を持つこの新たなリンクヴレインズを守り抜く事こそ自分たちの使命だと

戝前CEOはやる気に満ちています。

 

さてそんな広大なリンクヴレインズで怪物に襲われて逃げ回るマスコミコンビ。

どうやら広くなったリンクヴレインズにはまた新たな危険が満ち溢れているようです。

ゴーストガールとブラッドシェパードの兄妹は

そんな怪物を駆る日々を繰り広げているみたいですね。

 

Go鬼塚は無事エンタメデュエリストとして復帰、

身体もすっかり元通りになっており子供たちの声援の元、チャンピオンとなっています。

 

ハノイの騎士達は尊の言われた償い方を全員で実行しているようで

広大なリンクヴレインズの世界でネットワークの看視者の立場を取っています。

パンドールの姿も確認できます。

 

田舎に戻った尊は綺久にもリンクヴレインズを勧め、

一緒にイントゥザヴレインズしました。へぇデートかよ

ソウルバーナーとしての姿を初めて見るのでしょう、

恰好いいねとソウルバーナーにつげる綺久ちゃんですが

ソウルバーナーは照れながらも俺よりももっと格好いい奴がいるんだと言います。

今はちょっと旅に出ているけどきっといつか帰ってくるとも。

滅茶苦茶イチャついてますこの2人

遊作がラブコメらしい事まったくしていなかった分こっちが思いっきりラブってます。

 

それは別の場所にいる了見も同じ気持ちでした。

すっかりと晴れ晴れとした顔をした了見、

彼も遊作の、プレイメーカーの帰りを待ち続けているのでしょう。

 

そしてそんな期待に応えるかのようにイントゥザヴレインズするプレイメーカーの姿。

これにて遊戯王VRAINS、見事完結です!

 

と、思いきや最後の最後、また初期の目玉状態になって目覚めるAiの姿が。

Ai本人もすっかり自分は死んだものだと思っていたようで

どうして自分がまだ生きているのか分かっていない感じです。

 

 

 

 

 

 

というわけで遊戯王VRAINS全部120話、これにて終わりました。

ただやっぱり3部は少し駆け足気味な展開が多かったですね。

個人的にはもう少しそれぞれの描写を丁寧にしたのも見たかった感じです。

特にパンドール、最後にちょろっと姿を映していましたが

何かしら行動を起こしてくれないものかとずっと期待していました。

 

ただなんだかんだで綺麗な終わり方をしていたと感じます。

イグニス全滅エンドも覚悟していたのですが最後に希望のある終わり方になりましたね。

Aiのシミュレーションの中で写っていた自分を庇って死ぬ遊作、

そんな遊作を死なせない為に自分が犠牲となり消える事を望んだAi、

こうしてみると本当にこの2人は似た者同士なのかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    ダブルアップのところが遊矢になってるよ

  2. 匿名 より:

    人との繋がりはちょっと日常回無さ過ぎて微妙ってか平坦気味だったけど
    進化したAIと人間の関係って意味なら結構面白かったなって

  3. 匿名 より:

    前作の遊戯王シリーズと比べて、遊戯王VRAINSの3年目では、衝撃の事実が辿り着く事が出来ました。1年目〜2年目のダントツ糞だったVRAINSでしたが、3年目ではこれまでの闘いが全てAiやライトニングが仕組んでいた事が明かされました。1年目での遊作の復讐劇は全てAiが暗躍していた事、サイバース世界を襲撃したハノイを崩壊させる為、ハノイプロジェクトをプログラムし遊作や草薙にハノイへの復讐に誘導させ結果Aiが言った「邪魔なハノイ」を壊滅する事に成功した。2年目でのボーマンとの闘いは、ライトニングが人間とイグニスの未来への滅亡を終わらせる為、ライトニングが関係しなければイグニスも人間も滅亡の未来に進まなかったリボルバーの推理説は全てAiかライトニングが生き残った未来のシミュレーションの事実から近づけさせない為、ライトニングが草薙仁の意識を奪い、PlaymakerとSoulburnerをライトニングとウィンディと出会い邪魔なハノイの騎士やバウンティーハンターを抹殺して、遊作にロスト事件の被害者を終結させる準備に携わる事だった。ライトニングがPlaymakerと出会えば草薙仁の意識を返す必要だった訳だ。ライトニングが語った本当の真実、未来のシミュレーションの結果で遊作が死ぬ未来が予想していた。

  4. 匿名 より:

    1年目…遊作の復讐劇は全てAiがハノイを倒す為に監視していた事実。サイバースデッキを探させ、ハノイプロジェクトの情報をプログラムし、ロスト事件のデータバンクを改竄したのは、Aiが邪魔なハノイを倒すことでサイバース世界を救出するため。

  5. 匿名 より:

    2年目…リボルバーが語ったライトニングの罪、ライトニングが関係しなければ人間もイグニスも滅亡の道に歩まなかった事実は真っ赤な嘘、本当はライトニングは自分とAi以外が単体で生き残った場合、リボルバーやライトニングが滅亡の未来には辿り着かなかったこと。Aiが生き残った未来のシミュレーションの結果、Den Cityが戦場と化し遊作が死ぬ未来に記録していた事実が明らかとなった。ライトニングは最初から、草薙仁の意識を奪い、遊作と尊を誘導させロスト事件の被害者を集め、ハノイの騎士やバウンティーハンター、そして真の黒幕であるクイーンを倒す事が本来の目的であり、リボルバーが驚愕の事実を展示し心理的に圧迫する為に遊作と手を組ませライトニングとウィンディを抹殺し真実を闇に卯守らせることがリボルバーたちの目的であった。ウィンディがオリジンを殺害したとか、ライトニングが人間を支配する運命何て最初からなかった。Playmaker陣営とライトニング陣営の闘いは全て、Ai以外のイグニスを全滅させ、Aiが生き残った未来のシミュレーションの結果、SOLテクノロジーが莫大な利益を手にし、Ai抹殺為にハノイの塔よりもDen Cityを戦場と化し遊作が死ぬ未来こそがAiがSOLテクノロジーのコードキーを乗っ取り、ハノイの騎士やバウンティーハンターたちを倒そうとしたのは全てクイーンが暗躍していた黒幕であり、クイーンを襲撃しコードキーを奪い、遊作に本当の真実を知らせる為に、AiがPlaymakerと闘う決断になったのは、その為であったとは。もしかしたら、遊作が語った「SOLの中にハノイに通じる者がいるのか」と言う推論は正しかったようだ。ライトニングが鴻上に電脳ウイルスを仕掛けた事もウィンディのパートナー殺害の事も、真っ赤な嘘、鴻上が生きているなら、43話の死体は鴻上でない事が発覚する。鴻上はキングとなり、SOLテクノロジーを監視している何処かに暗躍している事なら辻褄が着くから。
    遊作が3ヶ月後の人生は映画で明かされたいです。

  6. 匿名 より:

    AIとの共存も滅亡の未来も何も変えられないなんというか紙より薄いストーリーだった

タイトルとURLをコピーしました