遊戯王雑記:10000種突破記念大投票1~10期全ての結果判明!それぞの感想など

スポンサーリンク

7月25日から8月3日にかけて行われた10000種類突破記念大投票。

1日ごとに1期~10期までの中で人気投票を行い

それぞれの1位に選ばれたカードが

シークレットレア仕様、20thシークレットレア仕様としてパックに収録されるというものですが

この度全ての投票が終わりそれぞれの1位が判明しました。

せっかくなのでそれぞれの1位についてちょっとした感想を挙げていきたいと思います。

 

 

1期

以前個別記事も書いたりしましたが

1期の1位はハノイの崇高なる力こと「聖なるバリアーミラーフォースー」です。

初代遊戯王だけでなく他の遊戯王シリーズにも登場しており

遊戯王における魔法カードの代表格が死者蘇生ならば

こちらはまさに罠カードの代表格と言える存在でしょう。

 

2位以下にも堂々たる顔ぶれのカードが揃っていますが

そんな中3位のモリンフェンが目を引きます。

相変わらずカルト的人気ありますねモリンフェン。

 

2期

2期の1位に輝いたのは戦士族用のサーチカード「増援」、

今でも制限カードに分類されるその実用的な性能もさることながら

OCGの顔とも言える切り込み隊長の雄姿が見れるイラストも好ポイントなのでしょう。

そのほかのカードではサウザンド・アイズ・サクリファイスやバスター・ブレイダーなど

アニメで目立ってたカードや

サイクロンや激流葬などOCGで長年活躍したカードとがあります。

禁止カードである八汰烏も確認できますね。

 

 

3期

3期ではカオス系カードの代表格、カオス・ソルジャー-開闢の使者-が1位です。

アニメでも人気のあったカオス・ソルジャーのリメイクという点もそうですが

一時期禁止カードだった事もあるその性能も多くの人気を確保できたのでしょう。

 

他ではおろかな埋葬、テラ・フォーミング、スキルドレインといった実用的な魔法罠や

海馬社長の代名詞の1つとも言えるエネミーコントローラーなどもランクインしてますね。

エネミーコントローラーはデュエルリンクスの方で猛威を振るっていたので

そちら方面での人気もあるかもしれません。

 

 

4期

カイザー亮のエースカード、サイバー・ドラゴンが堂々たる1位です。

アニメでの活躍とOCGでの活躍を両立しているカードであり

今でも【サイバー・ドラゴン】は高い人気を誇るテーマですね。

他にも髪炎皇ウリアや古代の機械機械巨人、シャイニング・フレア・ウィングマンといった

アニメにおいて人気のあるカードや

リンク全盛期だからこそ多くの人がお世話になっているであろう貪欲の壺がランクインしています。

 

5期

遊戯王GXにおけるキーカード、超融合がランクインです。

アニメで大きな存在感を放ったカードであり

今でも融合カードの中でも別格感ありますね。

その他ユベルやレインボー・ドラゴンなどのGXで目立ったカードや

トレード・インや週末の騎士など今でもOCGで活躍するカードが見えます。

 

 

6期

5D’sにおける主人公エース、スターダスト・ドラゴンが堂々たる1位です。

やはりシンクロモンスターと言えばスターダスト・ドラゴンは外せないでしょう。

同じく遊星のエースであるジャンク・ウォリアーや

十六夜アキのエースカードであるブラック・ローズ・ドラゴンもランクインしています。

他のカードもさすがシンクロ全盛期といった感じのラインナップですが

そんな中アンデットワールドがやや異彩を放っているでしょうか。

まあでも確かこの時代って【シンクロアンデ】が猛威を振るってましたし

ある意味これもシンクロ時代を象徴するカードとも言えますね。

 

 

7期

天城カイトのエースカード、銀河目の光子竜が1位です。

やはりといいますかライバルエースというのは強いですね。

他にもシューティング・スター・ドラゴンや

スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン、真六武衆-シエンなど

まだまだシンクロ人気が高い事を伺える順位です。

一方でエクシーズが1体もランクインしていないのが意外ですね。

 

 

8期

サイバー流再びといった感じでサイバー・ドラゴン・ノヴァが1位です。

サイバー流の人気の高さもさることながら

このカードに重ねて出せるサイバー・ドラゴン・インフィニティが本当に強くてですね。

他のカードを見ても7期とは打って変わってエクシーズ関連のオンパレードです。

特にギャラクシーアイズ関連のエクシーズは3体もランクインしているあたり

カイト及びミザエルの人気の高さが伺えますね。

 

9期

ARC-Vのラスボス的ポジションを務めた覇王龍ズァークが堂々たる1位です。

何気に各シリーズのラスボスで1位を取ったのはこのズァークのみだったりします。

アニメでは融合、シンクロ、エクシーズ、ペンデュラムの全てを併せ持っているという

前代未聞のインパクトを誇っていたのも人気の要員と思われます。

 

これにはズァークさんもご満悦でしょう

 

他のカードでは同じくアニメで活躍したダークリベリオンやクリアウィングに

浮幽さくらや灰流うららといった手札誘発系がランクインしています。

 

10期

一時期環境を支配した【閃刀姫】のエースカード、シズクが1位です。

可愛らしさと強さを兼ね備えたカードという事で高い人気が伺えます。

 

そして絶賛禁止カードである主人公エース、

ファイアウォール・ドラゴンが2位です。

もし1位になって再販された場合禁止が解除されるのか、

はたまたエラッタされて復帰するのかはちょっと気になる所でした。

 

他のカードではヴァレルロードなどアニメでも活躍するカードや

夢幻泡影やパンクラトプスなど高い汎用性を誇るカードがランクインしてます。

 

 

 

全体的に見るとOCGで活躍したカードが全体的にランクインしてますね。

アニメで活躍したカードも多くのカードがOCGでも活躍したカードだったりと

やはり格好良さと実用性を両立させたカードが人気が出るのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました