遊戯王カード考察:≪無限起動(むげんきどう)ブルータルドーザー≫ハーヴェスター1枚からランク5!

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

無限起動ブルータルドーザー
効果モンスター
星5/地属性/機械族/攻1900/守2100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「無限起動ブルータルドーザー」以外の
「無限起動」モンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は機械族・地属性モンスターしか特殊召喚できない。

無限起動の新規となる地属性機械族のレベル5です。

青緑とピンクを基調とする中々に強烈なカラーの重機です。

他の無限起動と同じく「∞」を現すマークが刻まれています。

名前の由来は「ブルータル+ブルドーザー」からだと思われます。

ブルドーザーは車両の前面に可動式の板を装着した重機であり

主に土砂を押し出したり整地をする目的で活用されます。

重機の中でも特に有名なものの1つと言っていいでしょう。

ブルータルは「残忍」や「厳しい」といった意味がありますが

この場合「荒々しい」が意味としては適格でしょうか。

 

 

他の無限起動をデッキから直接

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場の機械族地属性1体をリリースする事で

手札から守備表示で特殊召喚する自己展開効果です。

レベル5の無限起動が共通で持つ特殊召喚条件ですあり

この効果で特殊召喚する事でそのまま②の効果に繋がる為、

ディアドバンテージにはなりにくいです。

リリースする機械族・地属性としては

無限起動ハーヴェスターなどサーチ効果を使い終わったモンスターがよいでしょう。

他にも各種ガジェットや古代の機械飛竜、爆走軌道フライング・ペガサスなど

召喚時に効果を発動できるカードをリリースする事が出来れば無駄がありません。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「無限起動ブルータルドーザー」以外の
「無限起動」モンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、手札から特殊召喚した場合に

同名カード以外の無限起動1体を

効果無効にして守備表示で特殊召喚するリクルート効果です。

①の効果で手札から特殊召喚すればそのままこちらの効果に繋げられる他

無限起動ロックアンカーで特殊召喚する事でも効果を発動可能です。

効果を無効にされてしまうので特殊召喚する無限起動は

墓地で効果を発動できるスクレイパーやトレンチャーあたりがいいでしょう。

 

この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は機械族・地属性モンスターしか特殊召喚できない。

ただし制約として効果を発動下ターンは地属性機械族しか特殊召喚が不可能となります。

効果を考えても【無限起動】を軸とするデッキで活用する事になるでしょう。

ただ無限起動以外にも地属性機械族のモンスターは大勢おり

それらのカードならば問題なく混ぜられます。

 

 

ハーヴェスター、ロックアンカーどちらとも高相性

このカードの登場により

無限起動ハーヴェスター1枚からこのカードに繋げる事で

無限起動リヴァーストームのリンク召喚に繋げる事が可能となりました。

リヴァーストームでハーヴェスターをサーチすれば

次のターン同じことが狙えますし墓地肥やしにも繋がると

1枚からアドバンテージを確保しやすくなっています。

 

手札に無限起動ロックアンカーとこのカードがあれば

無限起動アースシェイカーのエクシーズ召喚に繋げつつ

余ったもう1体は無限起動ゴライアスのリンク素材に出来るので

何かと【無限起動】を動きやすくしてくれる1枚と言えるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました