遊戯王カード考察:≪ソウル・レヴィ≫デッキ破壊の新しい主軸になりえるか?

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ソウル・レヴィ
永続罠
①:「ソウル・レヴィ」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

汎用の永続罠です。

 

死霊王ドーハスーラが多数の魂を

精気を吸う骨の塔に集めています。

レヴィとは「結びついた」という意味のヘブライ語です。

骨の塔によって無数の魂を1つに結び付けようとしているのでしょう。

 

特殊召喚する度にデッキ破壊

スポンサーリンク

 

①:「ソウル・レヴィ」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
①の効果は1枚しか表側表示で存在出来ない制約です。
複数枚同時に発動で来ていれば凶悪度が上がっていたのでしょうが
さすがにそれは凶悪すぎると判断されたようです。

 

②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

②の効果は魔法罠ゾーンに存在している間

相手がモンスターを特殊召喚する度に

デッキからカードを3枚墓地へ送るデッキ破壊効果です。

昨今では珍しいくらいのドストレートにデッキ破壊しています。

1ターンに1度の制限もなく相手が連続で特殊召喚すればするほど

どんどんデッキを破壊していく事が可能です。

あくまで相手がモンスターを特殊召喚する必要がある為

例えばおジャマトリオなどで送り付けても墓地肥やしは発動しない点には注意です。

 

 

割と馬鹿にならないデッキ破壊のホープ

ストレートにデッキからカードに墓地に送る効果の為、

相手の大きな墓地アドバンテージこそ与えてしうあものの

特にリンク召喚全盛期の現在の環境では

1ターンに大量に特殊召喚を狙う事も多くデッキ破壊枚数は馬鹿になりません。

例えば【マリンセス】を仮想デッキに考えてみましょう。

海晶乙女シーホースからLINK-3のコーラルアネモネまで繋げるのが

【マリンセス】における一般的な動きですが

基本的にLINK-3に繋げるまでに5回ほど特殊召喚をするので

それだけでも15枚のデッキ破壊が可能となります。

ブラック・ガーデンも組みあわせればさらにデッキ破壊の効率が増えるでしょう。

 

フィールドに維持できれば次のターンにもでき破壊が狙えますし

ブービートラップ・Eで墓地から回収も出来るので

デッキ破壊の新しい主軸にするのも面白いでしょう。

ここの所デッキ破壊は下火ですが

閃刀術式-ベクタードブラストのようなデッキ破壊向けカードも度々出ており

なんだかんだ今の時代もデッキ破壊は侮れないと思っています。

コメント

  1. ボロブロス より:

    ブラックガーデンを張れば、1特殊召喚で6枚墓地送りになりますよ

  2. 匿名 より:

    通常罠じゃなくて永続罠だぞ、永続罠。

タイトルとURLをコピーしました