遊戯王カード考察:≪闇の精霊 ルーナ≫ようやく6属性の精霊が揃いました、大体いつも通りの性能です

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

闇の精霊 ルーナ
特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守1200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合に特殊召喚できる。
①:自分スタンバイフェイズに発動する。
相手に500ダメージを与える。
精霊の1体となる闇属性悪魔族のレベル4特殊召喚モンスターです。
このカードの登場でようやく各属性の精霊が全員揃った事になります。

紫色の肌を持つ妖艶なお姉さんです。

清楚なイメージのある光の精霊 ディアーナとはいい感じに対比になっていますね。

ルーナとはローマ神話に登場する月の女神の名前で

日本人的には「ルナ」と呼んだ方が通りがよいでしょう。

 

 

いつも通りの特殊召喚条件

スポンサーリンク

 

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合に特殊召喚できる。

特殊召喚モンスターであり

墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合に特殊召喚が可能です。

他の精霊でもおなじみのそれぞれの属性を除外して行う自己展開ですね。

このカードの場合種類の多い闇属性という事もあり

様々なデッキで特殊召喚を行う事ができるでしょう。

 

 

①:自分スタンバイフェイズに発動する。
相手に500ダメージを与える。

その効果はスタンバイフェイズに相手に500ダメージを与えるというものです。

回復効果を持つディアーナとは対になっている感じの効果ですね。

とはいえ発動タイミングが遅くダメージも高い訳でもないので

基本的にはこの効果を目的に活用するケースはあまりないでしょう。

ただ一度蘇生制限を満たした後はフリーチェーンの蘇生カードを使って

ターンの開始直後に蘇生するなどすれば地味な嫌がらせにはなります。

 

 

ワイバースターとの使い分け方

 

10期のカードですがそんな事知った事かと言わんばかりに

他の精霊カードと同じようなカードスペックを持ったある意味潔いカードです。

とは言え強いカードではないものの使えないカードかと言えばそんな事はなく、

単純に手札から特殊召喚しやすいモンスターはそれだけで需要があります。

 

同じく墓地の闇属性を除外して特殊召喚出来るレベル4モンスターに

輝白竜 ワイバースターが存在します。

あちらは場から墓地に送られると相方の暗黒竜 コラプサーペントをサーチできる為

単純な使い勝手で言えばあちらの方が上ですが

こちらは自身も闇属性というのがポイントです。

見習い魔嬢や魔界の警邏課デスポリスなど闇属性を指定するカードの素材にする場合や

ヴァレットなど闇属性しか特殊召喚出来ない制約が発生するデッキなど

闇属性で統一する事に意義がある場合はこのカードにも役目があるでしょう。

 

悪魔族デッキで一族の結束を採用したいという場合など

デッキを悪魔族で統一したい場合にも需要はあるでしょう。

各種トロイメアリンクや破械雙王神ライゴウなど悪魔族リンクは結構いるので

悪魔族オンリーのリンク召喚デッキというのは割と作れます。

ランク4にも励輝士 ヴェルズビュートやNo.41 泥睡魔獣バグースカなど

結構な数の悪魔族エクシーズがいます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました