遊戯王カード考察:≪破械神(はかいしん)アルバ≫相手を素材にして出してさらに相手を素材にする

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

破械神アルバ
リンク・効果モンスター
闇属性/悪魔族/攻2400/LINK-3
【リンクマーカー:上/左下/右下】

←   →

「破械神」モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として
「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
「破械神アルバ」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

新テーマ【破械】に属する闇属性悪魔族のLINK-3です。

破械童子ラキアが鎖に繋がれた真っ赤な魔獣を従えています。

破械のストーリー的に考えると

封印された術師がかつて従えていた式神であり

ラキアを取り込んだのが破械神ラギア、

逆にアルハを取り込んだのがこの破械神アルバとなるのでしょう。

 

 

相手を素材にしてLINK-4に

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:上/左下/右下】
「破械神」モンスターを含むモンスター2体以上

リンク素材には破械神を含むモンスター2体以上を指定しています。

主に破械神ラギアを使って相手ターンに相手モンスターをリンク素材にする、

もしくは破械神の禍霊で相手のLINK-2を素材にして出すのが基本となるでしょう。

LINK-2は結構様々なデッキで使われるので

破械神の禍霊から直接出せるケースは案外多いです。

 

リンクマーカーは上と斜め下2つにあるデコード・トーカーと同じ配置です。

効果の特性上状あまりフィールドに維持するケースは多くありませんが

EXモンスターゾーンに置く事でEX召喚枠の確保が可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として
「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

相手の表側表示モンスター1体と自信を素材にして

同名カード以外の闇属性リンクをリンク召喚するというものです。

破械の真骨頂となる相手モンスターをリンク素材とする効果であり

破械神の禍霊と同じ効果となっています。

破械神の禍霊から相手のLINK-2を素材にこのカードを出せた場合

このカードでさらに相手モンスターをリンク素材にする事が可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
「破械神アルバ」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、戦闘破壊か効果破壊された場合に

同名カード以外の墓地の悪魔族1体を手札に加えるというものです。

破械神ラギアの効果でリンク召喚した場合、相手ターンに場に出す事になり

自分のターンを迎える前にこのカードが破壊されてしまうケースは結構あります。

そういった場合にもそれが破壊であれば一定のケアが行えるのは何かとありがたいです。

逆に除外やバウンスなど破壊以外の除去を行われそうになった時には

破械唱導や破械童子ラキアでリリースエスケープを狙えます。

 

 

出せるLINK-4は色々

 

基本は破械神の禍霊と同じで相手モンスターと一緒にリンク素材になる為のカードです。

破械神の禍霊との違いはなんといってもLINK-3という事であり

各種闇属性LINK-4に繋げる事が可能です。

主に破械雙王神ライゴウに繋げる事になると思いますが

他にもトポロジック・ボマー・ドラゴンやトポロジック・ガンブラー・ドラゴン、

トポロジック・ゼロヴォロスなどのリンク召喚にも繋げられます。

特にトポロジック・ボマー・ドラゴンは破械とも相性がいいので

選択肢として意識しておくといいでしょう。

相手が儀式、融合、シンクロ、エクシーズのいずれかを使用していた場合

リンクメイル・デーモンにも繋げられます。

 

加えて破械神の禍霊や破械雙極で墓地から蘇生も可能です。

相手モンスターを除去しつつLINK-4を出せるので

狙える状況なら積極的に蘇生していくのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました