遊戯王カード考察:≪呪眼の女王(じゅがんのじょおう) ゴルゴーネ≫ザラキエルに繋げやすいLINK-2きました

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

呪眼の女王 ゴルゴーネ
リンク・効果モンスター
闇属性/悪魔族/攻1900/LINK-2
【リンクマーカー:上/下】

←   →

「呪眼」モンスターを含むモンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、
自分の墓地の「呪眼」カードの種類×100アップする。
②:このカードが「セレンの呪眼」を装備している場合、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
③:このカードの②の効果を発動した場合、
次のスタンバイフェイズに発動する。
このカードのリンク先のモンスター1体を選んで破壊する。

 

呪眼の新規となる闇属性悪魔族のLINK-2です。

呪眼の死徒 メドゥサが進化した姿と考えていいでしょう。

以前「今後LINK-2でメドゥサの進化形態も出てくるかも」と書いた事がありますが

本当に出てきました。

 

ビフォー

アフター

恐らくは呪眼の王 ザラキエルとは違い

メドゥサがサリエルに代わってセレンの呪眼を手に入れた姿なのでしょう。

メドゥサがザラキエルとは逆に左目にセレンの呪眼を装着しています。

また髪にやや明るみが増えた他、服装も白と黒を基調としたものになっています。

カード名の由来はギリシア神話の怪物「ゴルゴーン」からでしょう。

海神ポルキュースとケートーの娘達で

ステンノー、エウリュアレー、そしてメドゥーサの3姉妹として伝えられています。

 

 

 

フリーチェーンで相手の効果を無効にできる

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:上/下】
「呪眼」モンスターを含むモンスター2体

リンク素材には呪眼と名の付くモンスターと他任意の1体を指定しています。

サリエルやメドゥサで呪眼の眷属 バジリウスを手札に加えて

それを特殊召喚する事でリンク素材を容易に揃える事が可能です。

魔界発現世行きデスガイドでバジリウスやカトブレパスを

デッキから特殊召喚するのもいいでしょう。

 

リンクマーカーは上下にそれぞれあります。

とりあえずEXモンスターゾーンに出せば1つはEX召喚枠を確保できますが

このカードの効果を考えると出来るけリンク先にモンスターは置かない方がいいでしょう。

むしろ相手に向いたマーカーがこのカードの場合重要となります。

 

 

①:このカードの攻撃力は、
自分の墓地の「呪眼」カードの種類×100アップする。

①の効果は墓地の呪眼の種類×100だけ

自身の攻撃力をアップさせる自己強化効果です。

元々の攻撃力が1900で現在呪眼カードがこのカード自身を含めて14種類なので

最大で3300の攻撃力を手に入れる事が可能です。

この効果だけで3000を超える攻撃力を確保するのはさすがに大変ですが

セレンの呪眼での攻撃力上昇も含めれば十分にアタッカーになれるでしょう。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが「セレンの呪眼」を装備している場合、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

②の効果はセレンの呪眼を装備している場合に1ターンに1度、

相手の効果モンスターの効果をそのターンの間無効にできるというものです。

フリーチェーンで発動できるのがポイントで

他のモンスターを特殊召喚出来る効果持ちを無効にすれば展開の妨害にも使えます。

 

 

③:このカードの②の効果を発動した場合、
次のスタンバイフェイズに発動する。
このカードのリンク先のモンスター1体を選んで破壊する。

③の効果は②の効果を発動した次のスタンバイフェイズに

リンク先のモンスター1体を選んで破壊する強制効果です。

リンク先に自分のモンスターしかいない場合それを破壊する事になりますが

そもそもリンク先に置かなければいいので

EXデッキのモンスターを召喚している場合以外は問題は少ないでしょう。

逆にリンク先に相手モンスターがいればそれを破壊する事が可能なので

もし相手が前方にマーカーを持つリンクモンスターを出していた場合

積極的にそいつの正面に立たせてやるといいでしょう。

 

 

ザラキエルのリンク素材として

LINK-3の呪眼の王 ザラキエル

セレンの呪眼装備時にフリーチェーンの破壊効果を、

そしてそれを発動するとリンク先のモンスター効果を無効にする効果を持ち

丁度②と③の効果を入れ替えたような性能になっています。

リンク数こそ違うもののいい感じに退避になっていますね。

 

そんなこのカードですが特に①の効果で自己強化が出来るので

呪眼の王 ザラキエルの①の効果の発動条件である

「攻撃力2600以上をリンク素材にした場合」を満たすのに適しています。

墓地に7種類の呪眼があれば達成できる数値なので

とりあえず7種類墓地に溜めるのを一定の目標にするのがいいでしょう。

セレンの呪眼を装備させるのが前提にするならば

墓地に2種類呪眼があれば1回攻撃力を上昇させれば2600に到達します。

このカードをリンク素材にしていれば自然と達成できる条件であり簡単に満たせます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました