遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第107話『鬼を討つ』感想

スポンサーリンク

遊戯王ヴレインズ107話の感想です。

 

前回のあらすじ:ロボッピラスボスフラグ建築

 

 

兄妹の絆

大型モンスター2体の登場にさすがに焦るロボッピ。

更にゴーストガールはジェネラルでスカッドドローンを蘇生させてカードを伏せ

そしてスカッドドローンとジェネラルでロボッピにダメージを与えていきます。

兄のカードをしっかりと使いこなせている様子にパンドールも称賛します。

 

そしてヘクスティアでバキューネシアの攻撃、

例えバキューネシアの攻撃力がアップしても4300には届きませんが

プロペライオンの効果によりヘクスティアの攻撃力が半減し返り討ちにあってしまいます。

しかしクンティエリを手札に加えつつオルターガイスト・メモリーガントの効果を発動、

兄のバトルドローン・ジェネラルをリリースして

その攻撃力分自身の攻撃力をアップさせます。その数値5200。

そしてバキューネシアを攻撃して見事戦闘破壊、

更なるメモリーガントの効果として戦闘破壊時にプロペライオンを効果破壊し、

効果破壊した後に更に続けて攻撃が可能です。

一気にトドメを刺そうとするゴーストガールですが

ロボッピは手札から遮断機塊ブレイカーバンクルを捨てる事で

セルバトスを戦闘破壊から守りダメージも0にします。

ゴーストガールはこれでターンエンドです。

 

 

俺の憎しみは消えたんだ

ロボッピのターン、しかし状況は不利でかなり追い詰められた状況です。

そんなロボッピはドローカードに全てを賭けて・・・賭けに勝った顔をします。

魔法カード「機塊テスト」を発動、

EXモンスターゾーンの機塊リンクと相互リンク状態になるように

攻撃力0、ターン終了時に除外の制約と共に墓地から機塊を可能な限り蘇生させます。

そして蘇生させた機塊を素材に新たなLINK-1、

洗濯機塊ランドリードラゴンをリンク召喚です。

そしてバキューネシアの効果でメモリーガントを破壊しようとしますが

墓地からジェネラルを除外する事でこれを身代わりにします。

それならばとランドリードラゴンで攻撃して効果発動、

相互リンク状態の時に戦闘ダメージを0にすつつ相手モンスターを除外します。

しかしゴーストガールは手札からクンティエリを特殊召喚して攻撃と効果を無効にします。

 

それでもロボッピの猛攻は止まりません。

速攻魔法「機塊コンバート」を発動、

LINK-1を全て除外し、そして除外されている機塊リンクを特殊召喚します。

これでバキュネーシアとランドリードラゴンを一旦除外して再度特殊召喚し直しました。

再び攻撃可能にしてランドリードラゴンの効果を使うかと思いきや・・・

何故か「相互リンクではない状態」で特殊召喚しています。

ランドリードラゴンの除外効果は相互リンク状態の時に発動できる効果なのでこれは使えません。

しかしそれとは逆に「相互リンクではない時に発動できる効果」を2体のLINK-1は持っていました。

バキューネシアの効果、それは相互リンク状態ではない時直接攻撃できるというもので

これによりブラッドシェパード&ゴーストガールのライフが750まで削られます。

そしてランドリードラゴンでメモリーガントを攻撃します。

これに危機感を感じたパンドールはスキルの発動を提案しゴーストガールもそれに賛同します。

スキル「シークレット・キュア」によりライフを1600回復するゴーストガールでしたが

ランドリードラゴンの相互リンク状態でない時の効果は

「相手モンスターを破壊して元々の攻撃力分のダメージを与える」という

1600回復してもまだ足りないダメージ量を与えるものでした。

 

助からないダメージが迫りくる中ブラッドシェパードが咄嗟に妹を庇い傷を負います。

それでも2人のライフは共有、お互いに消えゆこうとしています。

消えゆく中ブラッドシェパードはゴーストガールに対して

憎しみから解き放たれたと感謝の言葉を述べます。

ゴーストガールもまた兄に対して「負けちゃったね」と穏やかな顔を告げ、

兄妹はお互いに手を伸ばしながら消えていきます。

ロボッピはその様子に「何かわからないけどいいものを見た」と涙を流します。

何となくいい映画を見たとかそんな感じの反応ですね。

お前が消したんやぞ

 

 

アースの仇

そして別の場所ではAiの手によってファウストと、そしてスペクターが倒されていました。

ってスペクターもう退場!?

VRAINSでも相当人気あるキャラだぞ!デュエル描写省略で退場すんの!?

これで残る護衛はGo鬼塚1人となりました。

プレイメーカー、ソウルバーナー、リボルバーは相変わらず足止めを食らっています。

そのGo鬼塚の元に本物のAiが現れます。

という事はロボッピが現在完全なフリーとなっています、これはまずいです。

 

そしてやはりというべきかAiはGo鬼塚に恨みを抱いていました。

お前が関わらなければアースは犠牲にならずに済んだと。

確かにアースはイグニスの中でも最も「傍観」の立場を取っていました。

恐らく彼の目的はそもそもアクアと共に静かに過ごす事だったでしょう。

しかしパンドールは「アースがボーマンに取り込まれない選択肢はなかった」と

Aiの推察を否定します。

これにはAiも激おこです。「新参者知ったような口を聞くな」と。

AIチップだけじゃ飽きたらずパンドールまでも従えるGo鬼塚を呆れるように言いますが

Go鬼塚はチップは除去したと言います。

 

あのデュエルの後Go鬼塚は生死の境を彷徨っていました。

ボロボロの状態で目覚めた時、そこにいたのは施設の子供たちでした。

彼は強さの為に子供たちを見捨てる選択をしてしまいましたが

それでも子供たちはGo鬼塚の事を慕い続けていました。

そのおかげで自分を取り戻す事が出来たとGo鬼塚は言います。

そしてアースの件でAiに対して負い目を感じながらも

「子供たちを危険にさらすような事だけは許せない」と対峙する意思を見せます。

それを見たAiも「あの時より今の方が好きだぜ」と笑顔を向けます。

やはりAiも最初の頃のGo鬼塚は嫌いになりきれなかったんでしょうね。

 

こうして2人のデュエルが開始されました。

 

 

さようならダイナレスラー

先行はGo鬼塚。

彼は剛鬼スープレックスを召喚、ダイナレスラーではない事にAiも驚きます。

「本当に使うデッキは何か死の淵で気づいた」とGo鬼塚は言います。

そしてライジングスコーピオと共に

LINK-2、剛鬼ジェット・オーガをリンク召喚、

さらに剛鬼再戦からLINK-3、剛鬼サンダー・オーガに繋げます。

そしてスープレックスを再度通常召喚しつつツイストコブラを特殊召喚、

LINK-4、剛鬼ザ・マスター・オーガをリンク召喚してターンエンドです。

 

「潰し甲斐がある」という言葉と共にAiのターン、ドロー。

まずピカリ@イグニスターからイグニスターAiランドをサーチしようとしますが

マスターオーガの効果でこれを無効にします。

それならばとLINK-1、リングリボーをリンク召喚しつつ

リンク先に特殊召喚できるヒヤリ@イグニスターと

メインモンスターゾーンに@イグニスターがいる時に特殊召喚できるドシン@イグニスターを展開、

暗影開闢!
世界に散らばりし 闇夜の叡智!
我が手に集い 覇気覚醒の力となれ!
リンク召喚!
LINK-3 ダークナイト@イグニスター!!

3体でLINK-3、ダークナイト@イグニスターをリンク召喚します。

召喚口上は大分簡潔にしてきましたね。それでも厨二臭さが残っていますが。

若干顔芸っぽいのも披露しています。

 

そしてカードを1枚伏せつつマスターオーガを攻撃、

Go鬼塚は攻撃力が下回っているにも関わらず攻撃してきたのを警戒し

手札から剛鬼アイアン・クローを墓地に送る事で

マスターオーガの攻撃力を500上げつつ相手の効果を受けない耐性を付与させます。

しかしAiの狙いはそれでは防げないものでした。

速攻魔法「Ai打ち」を発動。自分をカードにするの好きだなAi!

@イグニスターの攻撃力を相手モンスターの攻撃力を同じにしつつ、

破壊されると自分のモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受けるというもので

マスターオーガが相打ちで破壊されGo鬼塚が2800のダメージを受けます。

そしてダークナイトも相打ちで破壊され2300ダメージ・・・

と思いきやダークナイトは同じ攻撃力のモンスターとの戦闘では戦闘破壊されず、

一方的に相手を倒した形となっています。

それに加えてダークナイトの効果で墓地から2体の@イグニスターを蘇生、

ピカリの効果で改めてイグニスターAiランドもサーチします。

 

一気に有利になったAiはGo鬼塚に諦めたらどうだと言いますが

Go鬼塚にその気は一切ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけでゴーストガール、ブラッドシェパード、ファウスト、スペクターが退場です。

もうすでに6人が退場しています。いくら何でも展開早すぎません?

しかし本当にロボッピが2人を退けてしまいました。

デュエリストとしての実力は保証されたようなものですし

このまま成長し続けたら本当にラスボス化するかもしれませんね。

次回予告 108話『不撓不屈の男』

敗北を糧にして成長できるのが強者

多くが立ち上がろうとせず諦める中

強者は再び挑戦する

まさに今その道を突き進んでいる者がいる

そう!彼の名はGo鬼塚!

何度でも立ち上がる男!

来週はVRAINSお休みなので放送は再来週の7月3日からとなります。

おいパンドール早速裏切ってるくさいぞ

しかも戦闘終了後っぽい雰囲気であり

やはりGo鬼塚は倒されてしまうのでしょうか。

そして新しいモンスターの姿も見えます。

形状からするとアースを意識した土の@イグニスターエースでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました