遊戯王カード考察:≪ガンスリンガー・エクスキューション≫ヴァレルソードの殺意を更に高める手段

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-リボルバー-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ガンスリンガー・エクスキューション
永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のバトルフェイズに、
自分の墓地から闇属性リンクモンスター1体を除外し、
自分フィールドの「ヴァレル」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
このカードを発動するために除外したモンスターの攻撃力分アップする。

 

ヴァレル用のサポートとなる永続罠です。

ヴァレルロード・ドラゴンとヴァレルロード・S・ドラゴンが

今まさに弾丸を発射しようと口を大きく開けて銃口を光らせています。

この「撃たれる者」視点のイラストがなんとも言えない怖さを感じます。

 

 

ヴァレルの攻撃力を更に強化

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに1度、バトルフェイズ中に

墓地の闇属性リンクを除外する事でそのターンの間

除外したモンスターの攻撃力分自分のヴァレルの攻撃力を上げるというものです。

特に連続攻撃の出来るヴァレルソード・ドラゴンと相性のいい効果で

状況次第では1ターンキル級の攻撃力を叩き出す事ができるでしょう。

最初の1回はコンバットトリックとしても運用する事ができますが

元々ヴァレル系は戦闘面で強いカードが揃っており

除去をされる危険性も合わせて

実際にコンバットトリックを狙えるケースは少ないかもしれません。

 

除外した闇属性リンクは竜嵐還帰や闇次元の解放などで

再利用すれば無駄がないでしょう。

 

 

除外するべき闇属性リンクの候補

できるだけ高い攻撃力の闇属性リンクを除外できるのが理想ですが

各種ヴァレルリンクはモンスター3体以上を素材にリンク素材にする為、

LINK-2の闇属性リンクを経由させて出し

その闇属性リンクをコストにするのが最も自然に使える形でしょう。

その場合で最も高い攻撃力を得られるのは

攻撃力2000のパーペチュアルキングデーモンと銀河衛竜の2体です。

それぞれ悪魔族とドラゴン族をリンク素材に指定しているので

どちらかを軸とするデッキで活用する事になるでしょう。

比較的様々なデッキで活用しやすいカードを選ぶなら

攻撃力1700のアカシック・マジシャンになるでしょうか。

こちらは同じ種族のモンスター2体でリンク召喚が可能です。

もうすこし緩い条件がいいなら攻撃力1600のペンテスタッグもあります。

 

何にせよ使うデッキによってコストにするべき闇属性リンクも変わってくるでしょう。

【ヴァレット】であれば攻撃力を求めるなら銀河衛竜、

アドバンテージを考えるのであれば攻撃力は1200とやや控えめとなりますが

墓地からの蘇生効果を持つツイン・トライアングル・ドラゴンあたりが

除外コストの候補となるでしょうか。

勿論既に墓地に各種ヴァレルやトポロジックなどの3000打点がいれば

それをコストにして3000打点アップさせるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました