2019年7月の制限改定判明! とうとう許されなかったあの1キルカード

スポンサーリンク

2019年7月のリミットレギュレーションが判明しました。

 

 

規制強化されたカード

・禁止
破滅竜ガンドラX
トロイメア・マーメイド

 

 

・制限
転生炎獣ガゼル
超雷龍-サンダー・ドラゴン
雷鳥龍-サンダー・ドラゴン
レディ・デバッガー
メタバース

 

・準制限
ダーク・グレファー
ダイナレスラー・パンクラトプス
魔鐘洞

 

規制緩和されたカード

 

・準制限
ABC-ドラゴン・バスター
SPYRAL-ジーニアス
ダーク・アームド・ドラゴン
TG ハイパー・ライブラリアン
デビル・フランケン
氷結界の龍 トリシューラ
影霊衣の反魂術

 

 

・無制限
E・HERO エアーマン
真竜拳士ダイナマイトK
餅ガエル
ルドラの魔導書
神の宣告
停戦協定

 

 

 

個別ピックアップ

規制強化も規制緩和もそこそこの数あります。

若干緩和されたカードの方が多いですが

一気に禁止化されたものが2つ、制限になったものが5つと

規制強化の方も結構がっつりいってます。

ではいくつかピックアップしていきましょう。

 

 

破滅竜ガンドラX(無制限→禁止)

攻撃力の高めたモンスターを別途用意して

それを破壊して即死級のダメージを叩きだすコンボデッキ、

通称【ガンドラ1キル】のキーカードがとうとう禁止です。

他のコンボ用のパーツが規制されたりして

ガンドラ本体は規制を免れていましたが今回ついにメスが入りました。

やはり公式は1キルには厳しい様子ですね。

 

 

トロイメア・マーメイド(無制限→禁止)

トロイメア用のLINK-1が禁止行きです。

展開の起点の1つであり今後トロイメアを扱うデッキは

動き方を見直す必要が出てくるでしょう。

特に【オルフェゴール】にとってのキーカードの1つであった為

大きな影響が出ると思われます。

これでトロイメアの禁止カードはゴブリンに続いて2つ目ですね。

 

 

転生炎獣ガゼル(無制限→制限)

レディ・デバッガー(無制限→制限)

サラマングレイトにおける優秀な墓地肥やし要員であったガゼルが制限です。

ガゼルでスピニーで落として蘇生、

転生炎獣ミラージュスタリオのエクシーズ召喚に繋げるというのは

サラマングレイトにおける基本的な動きの1つでしたが

このカードが制限になった事でそれが狙いづらくなるでしょう。

それ以外でも今後は墓地肥やしにより工夫が求められる事になります。

レディ・デバッガーも転生炎獣ミーアとの相性がよく

こちらもサラマングレイトを意識した規制だと思われます。

 

 

超雷龍-サンダー・ドラゴン(無制限→制限)
雷鳥龍-サンダー・ドラゴン(無制限→制限)

サンダー・ドラゴンのカードが2枚制限となりました。

特に雷鳥龍-サンダー・ドラゴンは除外したサンダー・ドラゴンを

特殊召喚という形で再利用できる優秀な展開手段であった為に

制限カードになる影響は大きいでしょう。

 

 

メタバース(無制限→制限)

魔鐘洞(無制限→準制限)

強力なメタ効果を持っていたフィールド魔法、魔鐘洞が準制限です。

これに加えてデッキから引っ張ってこれるメタバースも制限になった為、

魔鐘洞を軸とするデッキは安定性に少なくない影響が出るでしょう。

またメタバースの規制は魔鐘洞に限らず

フィールド魔法に依存する多くのデッキで影響が出ると思われます。

 

 

ダイナレスラー・パンクラトプス(無制限→準制限)

緩い条件で発動できフリーチェーンで除去が可能という

グッドスタッフカードの代表格とも言えるパンクラトプスが準制限です。

まあどのデッキにも入れられるレベルの汎用性の高さでしたしね。

特に暴れてるわけでもない【ダイナレスラー】はとんだとばっちりと言えます。

とはいえ準制限と規制は緩めなのでまだなんとかなるレベルでしょうか。

 

 

TG ハイパー・ライブラリアン(制限→準制限)

氷結界の龍 トリシューラ(制限→準制限)

長年制限カードに君臨し続けていた2枚のシンクロモンスターが緩和です。

新マスタールールではライブラリアンを2枚並べた上で

さらにシンクロモンスターを用意するのは工夫が必要になりますが

上手く盤面を揃える事が出来れば大量のドローが狙える為、

このカードの緩和がシンクロデッキにどのような影響を及ぼすか見物です。

トリシューラもレベル9シンクロの代表格と言えるカードであり

このカードのシンクロ召喚が狙えるデッキにとっては朗報でしょう。

 

 

ダーク・アームド・ドラゴン(制限→準制限)

「ボチヤミサンタイ」という呪文で一世を風靡したカードが緩和です。

今でも条件さえ満たす事が出来れば大きなアドバンテージを生み出せるカードであり

闇属性を中心とするテーマにおいてはより活躍が期待できます。

 

 

E・HERO エアーマン(準制限→無制限)

HERO用の万能サーチ、エアーマンがとうとう無制限です。

E・HEROのみならずD-HEROや

最近ちゃんとしたテーマとなったV・HEROに

一気に強化されたE-HEROにも恩恵のあるカードであり

各種HEROにおいての活躍が期待できます。

今年は本当にHEROの強化に力が入っていますね。

 

 

神の宣告(準制限→無制限)

モンスターの召喚や魔法罠の発動を止められる万能カウンター罠、

神カウンターの元祖である神の宣告が無制限です。

ライフ半分というコストは重いものの

見方を変えればライフが少なくなっても発動できるという意味でもあり

3枚積みしても腐りにくいこのカードが無制限なのは中々に恐ろしいです。

 

 

停戦協定(準制限→無制限)

代表的なバーンカードの1つである停戦協定が無制限です。

何だかんだでハマれば強力なバーンダメージを叩き出すカードであり

もしかしたら今後バーンデッキの活躍が目立ってくるかもしれませんね。

 

 

総評

前回と違い今回は環境デッキに結構メスが入っています。

【サラマングレイト】、【オルフェゴール】、【サンダー・ドラゴン】、

それから【魔鐘洞】はデッキの見直しが必要となってくるでしょう。

一方で二大シンクロカードが緩和された各種シンクロデッキや

SPYRAL-ジーニアスが緩和されたかつての環境デッキ【SPYRAL】、

あと【ABC】や【影霊衣】が今後どう活躍してくるかが注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました