遊戯王カード考察:≪アブソルーター・ドラゴン≫ ヴァレット・シンクロンと合わせて出張させたりも

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-リボルバー-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

アブソルーター・ドラゴン
効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守2800
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「ヴァレット」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ヴァレット」モンスター1体を手札に加える。

 

闇属性ドラゴン族のレベル7モンスターです。

まるでアンテナのように複数のウィングを持つ銀と黒を基調とする機械竜です。

所々に装甲がなくケーブルがむき出しになっているのが特徴的です。

カード名は「絶対」を意味するアブソルート+ルーターからでしょうか。

ルーターと複数のネットワーク間を繋ぐ為の通信機器の事で

主に無線通信でインターネットを行う際によく使われます。

 

展開を強化しつつ後続にも繋げられる

スポンサーリンク

 

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
①:自分フィールドに「ヴァレット」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

①の効果は1ターンに1度、自分の場にヴァレットがいる時に

手札から特殊召喚出来る自己展開効果です。

ヴァレット系のリンクモンスターにはデリンジャラス・ドラゴンなど

闇属性ドラゴン族を素材に指定するカードも多く

それらのリンク素材として使いやすいでしょう。

同じくレベル7のエクスプロードヴァレット・ドラゴンと並べれば

ランク7のエクシーズ召喚に繋げる事も可能です。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ヴァレット」モンスター1体を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、墓地に送られた場合に

デッキからヴァレット1体を手札に加えるというものです。

どこから墓地に送られてもよくリンク素材やシンクロ素材になるのは勿論、

オーバーレイユニットとして墓地へ送られたりデッキから直接墓地へ送られる事でも

サーチ効果を発動可能です。

 

 

繰り返しレベル8シンクロが狙える!

展開しやすく、かつ墓地に送られれば後続に繋がる効果として

とにかく【ヴァレット】において各種素材として使いやすいカードです。

終末の騎士や竜の霊廟などの墓地肥やしが実質的な各種ヴァレットのサーチになるので

シンプルにサーチ手段として運用する事もできるでしょう。

 

特にヴァレット・シンクロンとは相性がよく

まずこのカードをデッキから墓地に落としてヴァレット・シンクロンをサーチしつつ

ヴァレット・シンクロンでこのカードを蘇生して

レベル8のシンクロ召喚に繋げる事も可能です。

この際墓地に落としてから1ターン待ってからシンクロ召喚する事で

再びヴァレット・シンクロンをサーチ可能となり

繰り返し闇属性レベル8のシンクロ召喚を狙う事ができます。

闇属性しかEXデッキから特殊召喚出来なくなる制約を許容できるのであれば

このカードとヴァレット・シンクロン、それから墓地肥やし用のカードと合わせて

様々なデッキに出張させる手もあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました