遊戯王カード考察:≪エクスプロードヴァレット・ドラゴン≫シンクロ素材にもエクシーズ素材にも便利な奴!

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-リボルバー-よりこのカードです。

 

 

 

 

エクスプロードヴァレット・ドラゴン
効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とする
リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後、お互いに2000ダメージを受ける。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「エクスプロードヴァレット・ドラゴン」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

 

ヴァレットの新規となる闇属性ドラゴン族のレベル7です。

東洋龍にヴァレット特有の光の翼が生えたような姿の木壊獣です。

体の節々に熱が溜まっておりいかにも爆裂する感を出しています。

エクスプロードとは爆発や炸裂といった意味であり

恐らくは着弾の衝撃で爆発して破壊力を生み出す炸裂弾、榴弾がモチーフと思われます。

 

 

任務了解!自爆する!

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とする
リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後、お互いに2000ダメージを受ける。

 

①の効果は1ターンに1度、

リンクモンスターの効果の対象になった時にこのカードを破壊し

お互いに2000ダメージを受けるというバーン効果です。

多くのヴァレットが持つリンクモンスターの効果対象になった時に発動する自爆効果であり

このカードの場合お互いにダメージを与えるという文字通りの「自爆」です。

自分もダメージを受ける事になりますがダメージ量は2000とかなり多く、

ライフ差をつけている状態であれば強力なダメージソースとなれるでしょう。

ダメージを受けるタイミングはお互い同時なので

状況次第では相打ち狙いで発動するのも1つの手でしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「エクスプロードヴァレット・ドラゴン」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、戦闘か効果で破壊されて墓地へ送られた場合に

そのエンドフェイズに同名カード以外のヴァレットをデッキから特殊召喚するリクルート効果です。

これもまた数多くのヴァレットが共通で持っているお馴染みの効果ですね。

積極的に破壊をしていく事で継続的にヴァレットを戦線に維持できます。

 

レベル7のヴァレットとして色々使える

効果の方も状況次第では強力なダメージソースとなり得るものですが

このカードの場合効果以上にレベル7のヴァレットという点がポイントです。

各種ヴァレットの共通効果でデッキから特殊召喚可能なレベル7であり

同時にヴァレット・シンクロンの蘇生に対応する現状唯一のヴァレットです。

ヴァレット・シンクロンで蘇生すれば

そのままヴァレルロード・S・ドラゴンのシンクロ召喚に繋げられますし

リボルブート・セクターで一緒に蘇生する事でもシンクロ召喚に繋げられます。

 

またこのカードの登場により

クイック・リボルブでデッキから直接レベル7が出せるようになりました。

他のレベル7モンスターと合わせて

ランク7エクシーズに繋げるという芸当も可能です。

特に一緒に収録されるアブソルーター・ドラゴンとは相性がよく

あちらと一緒に並べる事で召喚権なしでランク7エクシーズに繋げられ

あちらが墓地に送られればヴァレットをサーチする事が可能です。

このカードとクイック・リボルブとアブソルーター・ドラゴン、

それから蘇生してレベル8シンクロに繋げられる

ヴァレット・シンクロンあたりを一緒に出張させるのも1つの手でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました