遊戯王カード考察:≪礫岩の霊長(れきがんのれいちょう)-コングレード≫ウホッいいリバース効果

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

礫岩の霊長-コングレード
特殊召喚・効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻3000/守2000
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:相手の手札・デッキからモンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から裏側守備表示で特殊召喚する。
②:このカードがリバースした場合、
フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

地属性岩石族のレベル8特殊召喚モンスターです。

 

岩石の身体を持つゴリラとも言うべき外見をしています。

目が赤く光っており凶暴な様子がありありと伝わってきます。

名前の由来は礫岩(コングロメレート)とコングをかけたものと思われます。

礫岩とは礫、つまり小さな小石などが集まってできた岩石の事です。

 

 

シンプルに使いやすいリバース効果

スポンサーリンク

 

このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:相手の手札・デッキからモンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から裏側守備表示で特殊召喚する。

特殊召喚モンスターであり通常召喚ができません。

最もレベル8だから通常召喚するにしてもリリース2体が必要ですし

特殊召喚自体に関する制約は特にないので問題は少ないでしょう。

このカード自身の特殊召喚方法として相手の手札かデッキからモンスターが墓地へ送られた場合に

裏側守備表示で特殊召喚が可能です。

相手がおろかな埋葬のような墓地肥やしカードを使う事で特殊召喚条件を満たせますが

能動的に発動するのであればハンデス系やデッキ破壊系のカード、

例えば相手のサーチに合わせてマインドクラッシュあたりを使うのが手っ取り早いでしょう。

裏側守備表示で特殊召喚されるのでリバース効果である②の効果に繋げられます。

 

 

②:このカードがリバースした場合、
フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

②の効果はリバースした場合に

フィールドのカードを2枚まで破壊できるというものです。

リバースして発動する効果ですが

このカード自身はリバースモンスターではない点には注意してください。

モンスターと魔法罠どちらも破壊可能でシンプルにアドバンテージが取れる除去となっています。

ただリバースしなければいけない関係でリバースする前に

このカードが除去されてしまう事もあるでしょう。

ADチェンジャーなど表示形式を変更するカードと組み合わせるのも考慮しておきましょう。

 

 

特殊召喚する方法は色々

御影志士とのセットでの運用を想定されていると思われるカードであり

あちらの効果でサーチができカードの①の効果の他

あちらの効果でも裏側守備表示での特殊召喚も可能です。

また手札にレベル8の地属性岩石族があれば怒気土器の効果でも裏側で特殊召喚可能です。

その他表側での特殊召喚になりますが

通常召喚出来ない岩石族なのでマグネット・リバースにも対応しています。

 

御影志士でサーチが出来るのでトレード・インのコストとしても割と向いています。

ランク4エクシーズさえ出せれば御影志士が出せるので

ランク4メインのデッキにトレード・インを積むなんて事も出来るでしょう。

相手の動き次第では手札からの特殊召喚狙えますし

墓地に送った後はマグネット・リバースなどで蘇生する事も出来るので

コスト以外の使い道も色々あります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました