遊戯王カード考察:≪究極地縛神(きゅうきょくじばくしん)≫地縛地上絵でサーチする筆頭候補

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

究極地縛神
永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドに通常召喚された「地縛神」モンスターが存在する場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

地縛神用のサポートとなる永続罠です。

地縛神 Wiraqocha Rascaが口から破壊光線を発射し地上を薙ぎ払っています。

発動条件なども考慮するとある意味必殺技カードの一種と言えるかもしれませんね。

 

 

維持できればお互いのターンにフリーチェーンで除去

スポンサーリンク

 

その効果は1ターンに1度、場に通常召喚された地縛神がいる場合に

フィールドの表側表示1枚を破壊出来るというものです。

あくまで地縛神は通常召喚されている必要があり

墓地からの蘇生などには対応していません。

地縛地上絵死皇帝の陵墓などで召喚をサポートしていく事になるでしょう。

地縛超神官の存在なども踏まえてあくまで公式としては

地縛神はアドバンス召喚などから出すのを想定しているようです。

結果として基本的にこのカードを発動する為には

このカード自身とアドバンス召喚した地縛神、

そしてその地縛神を維持する為のフィールド魔法の3つを維持する必要があり

相手の除去には細心の注意を払う必要があります。

もしくはファントム・オブ・カオスなどで

地縛神の名前をコピーする事でも発動条件を満たす事が可能です。

 

効果自体はモンスター1体の破壊というシンプルな除去ですが

永続罠故に自分、相手ターンそれぞれで発動可能であり

発動条件さえ満たせれば使いやすくかつアドバンテージの取りやすい性能です。

フリーチェーンというのもポイントで相手の展開の妨害も可能であり

このカードを維持する事が出来れば相手は相当に動きづらくなるでしょう。

特に除去手段を魔法罠ではなくモンスターに頼っているデッキにとっては

相当にいやらしいカードです。

 

 

場合によっては自分のモンスターの破壊も視野に

 

このカードが何よりありがたいのは「地縛神」の名を冠している事でしょうか。

地縛神の復活、地縛神の咆哮に続く究極地縛神でのサーチに対応する3枚目のカードであり

究極地縛神でサーチできれば自然とこのカードの発動条件を満たせています。

その為究極地縛神でサーチするカードとしては筆頭候補と言えるでしょう。

 

またこの効果で自分モンスターを破壊することも可能です。

これは特に太陽龍インティと月影龍インティが破壊以外の方法で除去されそうになった場合、

それにチェーンして自分から能動的に破壊する事で蘇生効果の発動を狙う際に活きてきます。

また地縛神ではAslla piscuと相性がよく

相手ターンに破壊する事で相手モンスターを根こそぎ破壊可能です。

同じことはCcarayhuaでも狙えますが

このカード自身やフィールド魔法も破壊されてしまう点には注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました