遊戯王カード考察:≪捕食計画(プレデター・プランニング)≫雑に捕食カウンター置けるカード来ました!

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

捕食計画
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから「捕食植物」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
フィールドの表側表示モンスター全てに捕食カウンターを1つずつ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分が闇属性モンスターの融合召喚に成功した場合、
墓地のこのカードを除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

捕食植物のサポートとなる通常罠です。

トリフィオヴェルトゥムがキングギドラよろしく暴れまわっています。

地面から根が伸びており計画という事なので効果を考えると

捕食カウンターを受け付ける為の種を植え付けているのかもしれません。

 

 

問答無用で場のモンスター全てに捕食カウンターをおく!

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから「捕食植物」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
フィールドの表側表示モンスター全てに捕食カウンターを1つずつ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。

①の効果は1ターンに1度、デッキから捕食植物を墓地に送る事で

フィールドの表側表示モンスター全てに捕食カウンターを置くというものです。

数ある捕食カウンターを置く効果の中でも特に強烈な代物で

墓地肥やしをしつつ裏側表示を除く場の全てのモンスターにカウンターを置けます。

特にドロソフィルム・ヒドラと相性がよく

墓地に送りつつそのまま相手モンスターをリリースして自己蘇生が可能です。

フリーチェーンで相手の攻撃力を下げる事も出来るので

コンバットトリックのような使い方もできるでしょう。

 

ただ強烈すぎて自分のモンスターにも問答無用で捕食カウンターを置きます。

シンクロ召喚などを狙う場合には難儀する事になりますが

トリフィオヴェルトゥムの攻撃力に自分モンスターの分もプラスできたりと

悪い事ばかりではありません。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分が闇属性モンスターの融合召喚に成功した場合、
墓地のこのカードを除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、

闇属性モンスターを融合召喚した場合に墓地から除外する事で

フィールドのカード1枚を破壊するというものです。

モンスターと魔法罠問わず破壊できるシンプルな除去手段として活用できるだけでなく

グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンを融合召喚した直後に破壊して

すぐさま全体破壊&自己蘇生効果を発動するという芸当も可能です。

また闇属性のモンスターであれば何でもいいので

簡易融合でサウザンド・アイズ・サクリファイスあたりを出して効果発動する事も可能です。

 

 

捕食カウンターを一気に起きやすく

 

一切の準備も必要なく墓地肥やしをしつつ捕食カウンターを置けるという

罠カード故のタイムラグを除けば

現状最も優れた捕食カウンターを置く手段といってもいいでしょう。

ドロソフィルム・ヒドラを筆頭にヘリアンフォリンクス、サンデウ・キンジー、

トリフィオヴェルトムといった捕食カウンターを必要とするカードの使い勝手を

飛躍的に上昇してくれます。

フリーチェーンで発動できるのもポイントでサンデウ・キンジーが場にある状態であれば

相手がモンスターを展開してきた所で捕食カウンターを置き、

そのまま超融合で根こそぎ奪い取るといった動きも可能ですし

ドラゴスタペリアが場に存在していれば

実質相手のモンスター効果をフリーチェーンで無効化できるカードと化します。

 

今回のプレデタープランツ用の新カードは何かと捕食カウンターを重視したカードが多く

今まで以上に捕食カウンターが重要になってきます。

そんな中でこのカードの存在は非常にありがたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました