遊戯王カード考察:≪ヴァレット・リチャージャー≫能動的に自身を破壊できる闇属性モンスターと言えば

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-リボルバー-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ヴァレット・リチャージャー
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守2100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキから特殊召喚された自分フィールドの闇属性モンスターが
戦闘・効果で破壊された場合、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り
破壊されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは元々のカード名が異なる闇属性モンスター1体を
自分の墓地から選んで特殊召喚する。
②:EXデッキから特殊召喚された闇属性モンスターが自分フィールドに存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。

 

ヴァレットの新規となる闇属性ドラゴン族のレベル4です。

シリンダーの内側のようなパーツを背中に装着した赤いヴァレットです。

リチャージとは再装填と言った意味であり

効果を考えると他のヴァレットやヴァレルを再装填、

もしくはエネルギー補給する役割を担っているのでしょう。

 

手札誘発で墓地の闇属性を蘇生

スポンサーリンク

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキから特殊召喚された自分フィールドの闇属性モンスターが
戦闘・効果で破壊された場合、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り
破壊されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは元々のカード名が異なる闇属性モンスター1体を
自分の墓地から選んで特殊召喚する。

 

①の効果は1ターンに1度、

エクストラデッキから特殊召喚された自分の闇属性が戦闘破壊か効果破壊された場合に

場か手札からこのカードを手札に送る事で

その破壊されたモンスター以外の闇属性1体を墓地から特殊召喚する蘇生効果です。

【ヴァレットでは】特にソーンヴァレル・ドラゴンと相性がよくあちらの効果で自身を破壊する事で

ヴァレット2体を蘇生しつつこのカードでさらに闇属性モンスターの蘇生が可能です。

ヴァレルロード・ドラゴンなど大型の闇属性を蘇生できれば理想的です。

 

 

②:EXデッキから特殊召喚された闇属性モンスターが自分フィールドに存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。

②の効果はエクストラデッキから特殊召喚された闇属性が自分の場にいる間

相手がこのカードを攻撃対象に選択できなくなる攻撃抑止です。

これによりより安定して①の効果の発動を狙う事が出来るでしょう。

①の効果は手札からも発動が可能であり

基本は公開情報にならない手札からの発動を狙う事になりますが

各種ヴァレットの効果で特殊召喚したりと場に出す機会も多く

この効果にお世話になる場面も結構あるでしょう。

 

 

闇属性デッキ全般で使える汎用性の高さ

 

①の効果を満たす条件が「エクストラデッキの闇属性」と緩めであり

【ヴァレット】に限らず闇属性のカードを使うデッキ全般に置いて活用が可能です。

単純に手札に握っておくだけでもエースが破壊された時の保険として活用できますし

自分からEXデッキの闇属性を破壊すれば能動的に効果を発動する事も可能です。

例えば幻影騎士団ブレイクソードなどは自身と相手を同時に破壊可能であり

このカードの発動条件をスムーズに満たす事ができます。

他には破壊される事で効果を発動するモンスター、

例えば見習い魔嬢あたりを積極的に自爆特攻させるのも1つの手でしょう。

 

手札から発動して闇属性を蘇生するという非常に使い勝手のいい効果により

様々な闇属性デッキに投入できる汎用性の高さを持ったカードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました