遊戯王カード考察:≪死の宣告(しのせんこく)≫ウィジャ盤を維持すればするほどアド獲得

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

死の宣告
永続罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
自分フィールドの「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードの数まで
悪魔族モンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:魔法&罠ゾーンのこのカードを墓地へ送って発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「死のメッセージ」カード1枚を選び、
「ウィジャ盤」の効果扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに出す。

 

 

ウィジャ盤のサポートとなる永続罠です。

禍々しいオーラが漂う中

ダーク・ネクロフィアがウィジャ盤に手を伸ばしています。

原作ではウィジャ盤はダーク・ネクロフィアが墓地に送られた時に発動可能であり

ダーク・ネクロフィアがウィジャ盤を動かす演出がされていました。

このイラストはこの時の様子を忠実に再現しており

特に手の位置なんかはかなり再現度高いです。

 

 

ウィジャ盤の進行度を加速させる!

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
自分フィールドの「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードの数まで
悪魔族モンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

①の効果は1ターンに1度、
自分の場にあるウィジャ盤と死のメッセージカードの合計分
墓地か除外ゾーンから悪魔族を手札に加えるというものです。
場に2枚以上メッセージがあればそれだけでアドバンテージに繋がる効果であり
虹クリボーやバトルフェーダーなどの再利用も可能です。
自分、相手ターンそれぞれで発動可能なのもあり
ウィジャ盤ともども1ターン除去されないだけでも
相当なアドバンテージを稼ぐ事が可能です。
ただカース・ネクロフィアを併用する場合除外されている悪魔族の数も大事になってくるので
そのあたりの兼ね合いは気を付けましょう。

 

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:魔法&罠ゾーンのこのカードを墓地へ送って発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「死のメッセージ」カード1枚を選び、
「ウィジャ盤」の効果扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに出す。

 

②の効果は1ターンに1度、このカードを魔法罠ゾーンから墓地に送る事で

ウィジャ盤の効果扱いで死のメッセージ1枚を

手札、デッキ、墓地のいずれかから魔法罠ゾーンに出すというものです。

簡単に言えばウィジャ盤の進行度を1枚加速させるというもので

発動時に墓地に送られるので魔法罠を埋めるという問題点も解決しています。

 

 

 

①と②の効果は1ターンにどちらか1つしか発動できない上に

②の効果を発動するとそのまま墓地にいってしまうので

基本的には①の効果でアドバンテージを確保しつつ

ウィジャ盤による特殊勝利が狙えそうであれば②の効果を使う感じになるでしょう。

ただこのカードが複数枚ある場合、まず1枚目で②の効果でウィジャ盤を加速させつつ

もう1枚の①の効果による悪魔族の回収する枚数を増やすという動きも可能です。

 

 

悪魔族デッキにウィジャ盤と一緒に採用してみるのも

ダーク・オカルティズム同様にウィジャ盤を大きくサポートしてくれるカードです。

ウィジャ盤を相手にする時「4枚揃った段階で除去する」というのが定石の1つでしたが

このカードがあればそんな悠長なことは言っていられないでしょう。

一刻も早く除去しなければ加速度的にアドバンテージを稼ぐ事が可能であり

そういうプレッシャーを相手に与えるというだけでも意義のあるカードです。

 

上手く維持できれば大量の悪魔族を手札に回収できるカードであり

悪魔族メインのデッキにウィジャ盤を採用する価値を作ってくれます。

特に除外されたカードも回収できるのがポイントで

除外を多用する【インフェルノイド】に投入してみるのは面白いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました