遊戯王カード考察:≪イービル・マインド≫アダスター・ゴールドのサーチ先が増えました

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

イービル・マインド
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合、
相手の墓地のモンスターの数によって以下の効果から1つを選択して発動できる。
●1体以上:自分はデッキから1枚ドローする。
●4体以上:デッキから「HERO」モンスター1体または
「ダーク・フュージョン」1枚を手札に加える。
●10体以上:デッキから「融合」魔法カードまたは
「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

イービルヒーロー及び悪魔族のサポートとなる通常魔法です。

 

E-HERO インフェルノ・ウィングが青い炎で周囲を焼き尽くしています。

GXにも同様に覇王十代が人々を襲撃するシーンがあり

その状況を再現したイラストと言えるでしょう。

 

 

相手の墓地に応じて選べる3つの効果

スポンサーリンク

 

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合、
相手の墓地のモンスターの数によって以下の効果から1つを選択して発動できる。

その効果は1ターンに1度、自分の場に悪魔族がいる場合に

3つある効果のうちどれか1つを選択するというもので

相手の墓地にあるモンスターの数に応じて発動できる選択肢が増えます。

 

 

●1体以上:自分はデッキから1枚ドローする。

相手の墓地にモンスターが1体以上いる場合は1枚ドロー可能な手札交換です。

先行1ターン目か相手が除外軸かモンスターをほとんど使わないデッキでもない限りは

まず発動条件を満たせるでしょう。

他の選択肢が選べない時にとりあえず腐らずにこのカードを使う手段として機能します。

 

 

●4体以上:デッキから「HERO」モンスター1体または
「ダーク・フュージョン」1枚を手札に加える。

相手の墓地に4体以上モンスターがいる場合は

HERO1体かダーク・フュージョン1枚のサーチが選択肢に増えます。

墓地肥やしをしたい場合はV・HERO ヴァイオン、

ダーク・コーリングをサーチしたい場合はE-HERO アダスター・ゴールド

除外されたHEROを回収したい場合はV・HERO グラビート

必要に応じて様々なカードをサーチできます。

ドロー効果よりは少し条件が厳しくなりますが

【E-HERO】にとって有用なカードをサーチできるので

この効果がこのカードの主力の用途となってくるでしょう。

 

またこの効果のおかげでテキストに「ダーク・フュージョン」が記載されている為

アダスター・ゴールドでこのカードをサーチできるようになっています。

 

 

●10体以上:デッキから「融合」魔法カードまたは
「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

相手の墓地にモンスターが10体以上いればさらに選択肢として

デッキから「融合」「フュージョン」と名の付く魔法カードをサーチする効果が加えられます。

捕食植物ダーリング・コブラなどと同様のサーチ効果であり

覇王十代が人々を生贄にして超融合を作り出そうとした効果を再現しているのでしょう。

有用ではあるのですがいかんせん発動条件が厳しく

発動できるかは状況や相手次第といった側面が強くなるでしょう。

 

 

いっそ自分から相手の墓地肥やす?

効果の有用さ的にも発動条件的にも

4体以上のHEROかダーク・フュージョンのサーチがメインとしつつ、

発動条件が満たせない場合にはドロー効果でお茶を濁しつつ

逆に相手がモンスターを大量に墓地に送っていれば

融合カードのサーチも視野にいれるといった感じになるでしょう。

 

もう少し能動的に発動条件を満たすのであれば

いっその事自分から相手の墓地にモンスターを送ってしまうという手もあります。

単純にデッキ破壊をするのもいいのですが

轟雷帝ザボルグであれば相手のエクストラデッキの使用を邪魔しつつ

墓地に送るカードを自分で選ぶこともできるので

相手に与える墓地アドバンテージを極力抑える事が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました