遊戯王OCG:2019年7月の制限改定を個人的に予想してみる

スポンサーリンク

6月です。すっかり暑くなってきましたね。

自分は完全に冬型人間なのでこの時期になるとげんなりします。

そして来月にはリミットレギュレーションが迫っています。

 

現在の環境はどれかが突出して強いというのが無い印象です。

【転生炎獣】【オルフェゴール】【オルターガイスト】【サンダードラゴン】

この4デッキが上位を占める感じで

そこに【セフィラ】【閃刀姫】【サブテラー】が続く感じでしょうか。

中々に群雄割拠です。

そして最近注目を集めているデッキは

魔鍾洞を軸としたメタビートでしょうか。

とにかく強烈なロック性能を誇るデッキで大会にも成績を残しています。

 

そのあたりを考慮しつつ7月の制限改定を予想したいと思います。

盛大に外していたらこんな顔でもしてやってください

 

 

規制強化されそうなカード

魔鍾洞

実際一番許され無さそうなカードと言えばこれじゃないかなぁと思います。

一切のモンスターを出さないデッキにおいて真価を発揮するカードで

ほぼ相手のモンスターを無力化できるポテンシャルを持っています。

フィールドだけでなく手札や墓地のモンスター効果も封じれるので

このカードを発動されただけで機能停止するデッキも数多くあります。

フィールド魔法故にサーチしやすいのもポイントで

現在もっとも強力なロックカードの1つといえるでしょう。

 

破滅竜ガンドラX

【ガンドラ1キル】のキーカードです。

レッドアイズダークネスメタルドラゴンが禁止になった影響で

以前よりは落ち着きましたがそれでもまだまだ1キルデッキは健在です。

大元であるこのカードが規制される可能性は十分あるでしょう。

 

 

水晶機巧-ハリファイバー

チューナーを素材に指定する強力なリンクモンスターです。

シンクロ召喚用の強力なサポート・・・だけであればまだよかったのですが

制約が緩い関係で単純にリンク召喚の繋ぎとしても強力なカードです。

最近はダイナレスラー・コエロフィシラットなど

チューナーの方からこのカードに繋げられない制約のあるカードも出て来てます。

今後も色んなチューナーに影響を与えてきそうなカードなので

そのあたりの影響を考えて禁止になる可能性はあるんじゃと思います。

 

 

規制緩和されそうなカード

捕食植物オフリス・スコーピオ

捕食植物ダーリング・コブラとの組み合わせが強力で

【植物リンク】をはじめとする様々なデッキの出張セットになっていたカードです。

その影響で現在制限カードになっていますが

このカードの制限後植物リンクの軸となる様々なカードが規制されました。

今度捕食植物の新規が来ることもあり

それに伴ってこのカードが緩和される可能性もあるのでは、と考えています。

 

 

竜剣士ラスターP

9期時代に猛威を振るっていた竜剣士のキーカードです。

ただ元々【竜剣士】はEX召喚枠が多くないと上手く動けないデッキであり

新マスタールールでは従来の力を発揮するのは難しいと考えています。

9期になってから特に緩和の兆しは見られませんが

まあ緩和されても問題ないのではと考えています。

 

 

餅カエル

真竜拳士ダイナマイトK

前回緩和された2つのカードですね。

どちらも間違いなく強力なカードだとは思うのですが

緩和された後も特に暴れている様子は見られませんね。

例年の流れからいくとこういったカードは

そのまま無制限に復帰しやすい印象です。

 

 

総評

前回の制限改定では規制強化されたカードが少なめで緩和が中心でした。

現在も何かのテーマが突出して暴れているという事がないので

規制よりは緩和が中心の改定になるのではと自分は思っています。

最近は結構がっつり改定が入る事も多いので

また意外なカードが禁止から解除されたりするかもしれませんね。

でも禁止解除されて大丈夫そうなカードって何かあったでしょうか・・・。

もう1体ほど征竜復活・・・?1体ぐらいヒグルミ戻す・・・?

いやでもうーん・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました