遊戯王カード考察:≪ヴァレット・トレーサー≫割と色んなデッキに出張させられそう

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-リボルバー-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ヴァレット・トレーサー
チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「ヴァレット・トレーサー」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

ヴァレットの新規となる闇属性ドラゴン族のレベル4チューナーです。

 

赤い光の軌跡を残して発射される真っ赤なヴァレットです。

トレーサーとは追跡者といった意味の言葉ですが

この場合は弾丸の一種である曳光弾(えいこうだん)の事でしょう。

 

発光体を内蔵した弾丸で弾道が光で確認できるようになっており

発射するとさながらレーザー光線のような見た目となります。

これにより弾道を確認して方向を修正したり

発砲をする事で仲間に合図を送ったりが可能となっています。

 

フリーチェーンでデッキからヴァレット特殊召喚

スポンサーリンク

 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「ヴァレット・トレーサー」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、自分の表側表示のカードを1枚破壊し

同名カード以外のヴァレット1体をデッキから特殊召喚するというものです。

このカード自身を破壊して効果を発動する事もできますし

他のヴァレットを破壊する事でそちらのリクルート効果も発動可能です。

 

 

この効果は相手ターンでも発動できる。

さらにこの効果はフリーチェーンで発動可能となっています。

これにより相手の除去に合わせてリリースエスケープのように発動する事ができますし

何かしらの魔法罠を発動してそれにチェーンして発動した魔法罠を破壊する事で

実質的に破壊分の損失なしで効果を発動する事も可能です。

 

 

この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

ただし効果を発動したターン、闇属性以外のモンスターを

エクストラデッキから特殊召喚出来ない制約が発生します。

同じくチューナーであるヴァレット・シンクロンと同じ制約ですね。

とはいえ制約が発生するのはエクストラデッキのみですし

闇属性のモンスターは豊富に存在するのでエクストラデッキの構成に気を付ければ

そこまで不便にはならないでしょう。

また相手ターンに発動した場合は次の自分ターンには制約が消えています。

 

 

シンクロにもエクシーズにも

 

ヴァレットにとっては待望とも言える展開手段の1つです。

前述の通り魔法罠や他のヴァレットを破壊出来れば

ディスアドバンテージを抑える事ができますし

このカードを残しておけば自分、相手ターンそれぞれで効果が発動できるので

【ヴァレット】における展開力を大いに強化してくれる存在となるでしょう。

レベル4のチューナーというのもポイントで

他のレベル4のヴァレットと合わせればヴァレルロード・S・ドラゴンを始めとする

レベル8のシンクロ召喚に繋げる事ができますし

同時にヴァレルロード・X・ドラゴンなどのランク4エクシーズにも繋げられます。

 

クイック・リボルブで特殊召喚する候補としても有効で

このカードを経由して他のヴァレットに繋げる事で

墓地を肥やしつつ破壊デメリットを帳消しにする事が可能です。

またこのカード自体

「クイック・リボルブでデッキから、ヴァレル・リロードやリボルブート・セクターで

墓地から特殊召喚できるレベル4闇属性ドラゴン族チューナー」

として機能します。

これらの特殊召喚用のカードと合わせて

様々なデッキに出張させることも出来るでしょう。

その際何かしらレベル4のヴァレットを一緒に出張させておけば

このカード自体の効果も無駄になりませんし

リボルブート・セクターで2体同時に蘇生できる可能性もあるので効果的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました