遊戯王カード考察:≪開運ミラクルストーン≫ 打点確保にもドローソースにもなるキーカード

スポンサーリンク

今回紹介するのはCOLLECTION PACK-革命の決闘者編-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

開運ミラクルストーン
永続魔法
①:「開運ミラクルストーン」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドの魔法使い族モンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールドの「占い魔女」モンスターの種類×500アップする。
③:1ターンに1度、
自分の「占い魔女」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

占い魔女用の永続魔法です。
5D’sにおいてカーリー渚がディヴァイン戦で使用し
その効果で占い魔女の攻撃力を3000にまで強化しました。
アニメでは攻撃力の上昇が1体につき1000の代わりに
場に出したターンは攻撃できないいわゆる召喚酔いのデメリットがありましたが
OCGでは上昇量が半分になった代わりに
場に出したターンでも攻撃が可能とコンパクトな性能になりました。
大きなクリスタルの周囲に
ヒカリちゃん、エンちゃん、フウちゃん、スィーちゃんが集まっています。
クリスタルからはヒエラティックテキストのようなものが流れており
これが彼女達に力を与えているのでしょう。
開運とある当たり所謂幸運をもたらすパワーストーン的な存在なんでしょうね。
こうしてカラフルな占い魔女が並んでいるのはプリキュア感あります。

 

 

大量に並べる事が出来れば凄まじい総攻撃力に

スポンサーリンク

 

①:「開運ミラクルストーン」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
①の効果は1枚しか表側表示で存在できない制約です。
複数枚並べる事が出来れば攻撃力の上昇が面白い事になってただけに残念です。
攻撃力を更に伸ばすことを考えるなら一族の結束なりを混ぜましょう。

 

 

②:自分フィールドの魔法使い族モンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールドの「占い魔女」モンスターの種類×500アップする。
②の効果は自分の場の占い魔女の種類×500の数値だけ
フィールドの魔法使い族の攻撃力を上昇させる全体強化です。
もしメインモンスターゾーン全てを占い魔女で埋める事が出来れば
攻撃力2500が5体並ぶことになります。
相手の場にいるモンスターの攻撃力次第にもなりますが
2500が5体殴りかかってくるというのは相当な脅威です。
また魔法使い族全般の攻撃力を上昇させる事が出来るので
EXモンスターゾーンに別途魔法使い族を置けばそれも強化させられます。

 

 

③:1ターンに1度、
自分の「占い魔女」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
③の効果は1ターンに1度、占い魔女が戦闘をする攻撃宣言時に
デッキから1枚ドローするドロー促進効果です。
シンプルにアドバンテージが狙える効果であり攻撃宣言するだけでドローが出来るので
例え相手モンスターを戦闘破壊できずとも
自爆特攻覚悟でドローを狙う手もあるでしょう。
守備表示モンスターがいれば積極的に攻撃をしかけてもいいでしょう。
もしこの時占い魔女をドローできればそれらの特殊召喚も可能であり
結果として場の魔法使い族の攻撃力をさらに上昇させる事も可能です。
相手の攻撃宣言時にも発動できるので攻撃の抑制としても機能するでしょう。

 

 

占い魔女におけるキーカード的存在

占い魔女はドローする事で特殊召喚できる効果を持っており
また受け入れがたい結果や幸運の前借りなどで特殊召喚もできるので、
3,4体程度の展開は充分に狙えます。
占い魔女自体は元々の攻撃力が0なので
他の打点の高い魔法使い族と一緒に並べて
そちらの攻撃力を1500なり2000なり上昇させるのもありです。
アストログラフ・マジシャンあたりは割と出しやすく
自爆特攻から特殊召喚を狙う事も可能です。

 

 

総じて占い魔女を扱うデッキにおいて占い魔女をアタッカーにすると同時に
継続的にアドバンテージを稼ぐ為のキーカード的存在となってきます。
相手も最優先でこのカードの除去を狙ってくると思うので
どれだけこのカードを維持できるかがカギを握ってくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました